独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、カップラーメンの具とスープだけを使った「シーフードキムチチヂミ」!

* * *

【今回の食材】
・スーパーカップ1.5倍 ブタキムラーメン 1個 ・シーフードヌードル 1個 ・片栗粉

野島 さて、今週はシーフードキムチチヂミを作りますよ。

助手 えっ、まともな料理じゃん! 一周回ってまともになってしまったか!?

野島 失礼な。今回作るのはカップラーメンだけを使って作るシーフードキムチチヂミです。

助手 よかった、やっぱり頭がおかしかった! いや、いいのか悪いのか......。

(1)食べる! シーフードキムチチヂミを作るにはシーフードヌードルがベースとなるが、使いたいのはスープと具材だけ。具をピックアップしながら麺だけを先に食べてしまおう

野島 というわけで、ベースになるのはもちろんシーフードヌードルなのですが、使うのは具とスープだけなので、麺だけを先に食べてしまいましょう。

助手 地味な作業だしチヂミを食べる前におなかが膨れるやつ!

(2)焼く! 残ったスープにブタキムのかやくを入れ、片栗粉を少しずつ溶かし、全体がもっちりするまでかき混ぜる。スープが冷めていたら、面倒だが別の容器に移して先にレンチンしよう

野島 麺を食べ終えたらブタキムラーメンのかやくを投入し、続いて片栗粉をちょっとずつ溶かしながらかき混ぜます。

助手 おおっ、スープがドロドロになってきたッス!

(3)激ウマ! 熱したフライパンに油を薄く引き、生地を投入して両面を焼き上げる。中火~強火で表面をカリッと焼き上げるのがコツ。ごま油を使うといっそう風味が出て激ウマになるぞ

野島 はい、これでシーフードキムチチヂミのタネが完成しました。あとは熱したフライパンで両面をカリッと焼き上げるだけです。

助手 なかなか具だくさんな感じになったけど、これだけで本当にウマいんスかね? っていうか、ここに主役を奪われたブタキムが残っているからな! 失敗したら罪深いぞ!

野島 いや、ブタキムラーメンの粉末スープとブタキムオイルもタレで使うので、最後に残るのは麺だけになります。

助手 もっと罪が深くなった!

(4)完成! 「シーフードキムチチヂミ」

野島 はい、完成しましたよ。

助手 見た目はウマそうだけど野島さんが食べたシーフードヌードルの残り汁を焼いたものだと思うとなぁ......。

野島 つべこべ言わずに食え!

助手 ぬわぁぁっ、こりゃウマい!! 魚介のうま味がメチャクチャ濃厚!! カリカリの食感もイイし、主張しすぎないキムチの存在もたまらんッス!

野島 普段はシーフードヌードルという完成品を食べているから気づかないんですけど、こうして別の料理にすると魚介の風味をすごく強く感じられるんですよね。でも本物のキムチを入れるとキムチの味が勝っちゃう。

助手 カップラーメンだけで作るから絶妙な味のバランスが成り立ってるんだ。すごいッス!

(5)タレ! 焼き上がったらそのまま食べてもウマいが、ブタキムの粉末スープとブタキムオイルを使ってタレを作り、つけて食べてもウマい。酸味が好きな人は酢をちょい足ししてもよい

野島 次はブタキムラーメンのスープとオイルで作ったタレにつけて食べてみてください。

助手 おっ、キムチの勢力が強くなるッスね! これもイイ!

野島 本来は捨てちゃう残り汁を一品料理にできるなんて最高にエコですよね。......あ、そうか。ブタキムの麺が余ってるんだ。これはどうするか......。

助手 相変わらず詰めが甘い!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg