独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、バカレシピの原点・うまい棒を使った「炙りチーズうまい棒」!

* * *

【今回の食材】
・うまい棒 ・バター ・とろけるチーズ ・ガスバーナー

野島 とんでもないことに気づいてしまった。1年以上にわたってバカレシピ研究所の連載を続けてきましたが、ここまで一度もうまい棒を使ってなかった!

助手 そういえば意外ッスね。

野島 やっぱりうまい棒こそバカレシピの原点ですからね。10円で買えるし、ウマいし、アレンジ適性も高い!

助手 うまい棒を使った新作バカレシピ、食べたいッス!

(1)チーズ! うまい棒を耐熱トレイの上に並べ、その上からとろけるチーズをたっぷりと振りかける。チーズはピザに使用する細かいタイプのものがオススメ。うまい棒は何味でもOK

(2)炙る! チーズの上からガスバーナーを使って豪快に炙り、チーズを溶かしながら全体に焦げ目をつけよう。家にガスバーナーがない場合はトースターでも代用可能だ

野島 では、うまい棒にとろけるチーズをたっぷりとのせて、ガスバーナーで豪快に炙(あぶ)ります。

助手 チーズが焦げていい香り......あっ、コーンの香りもけっこう強いな。こりゃウマそうだ。っていうか、うまい棒は何味を使っているんスか?

野島 適当ですよ。基本的には何味でも大丈夫。でも甘い味や変わり種は避けたほうが無難ですね。シュガーラスク味とか、レモンスカッシュ味とか。

助手 今はそんな味まであるんだ! 確かにチーズとはまったく合う気がしないッス。

野島 焦げ目がついたらそのまま食べてももちろんウマいですが、今回はさらにディップソースに浸して食べましょう。

助手 ウマそ~! いったいどんなソースを使うんスか?

(3)溶かす! うまい棒を用意するのと同時に溶かしバターも準備する。小鉢にバターを10~20gほど用意し、ラップをかけて溶けるまでレンチン。取り出したら全体をよくかき混ぜる

野島 バターを適当なサイズにカットして、レンチンして作るバターソースです。

助手 それソースっていうかただの油な! 駄菓子のうまい棒が見る見るうちに凶悪カロリーモンスターに育ってしまった。

野島 カロリーはおいしさの戦闘力みたいなものですから。高ければ高いほどウマさが保証されるのですよ。

助手 適当なこと言うな!

(4)完成!「炙りチーズうまい棒」

(5)ディップ! 溶かしバターが冷めて固まってしまう前にうまい棒をディップしてかぶりつこう。マイルドで芳醇な味と、程よくしっとりとした食感を楽しめる。一度食べたらクセになる味!

野島 まあコレは激ウマ確定なので食べてみて。バターのディップしすぎには気をつけてね。

助手 ウマァァーッ!! なんだこれ......。溶けたチーズのうま味と焦げたコーンの香ばしさが口の中で四方八方に広がるッス! バターでしっとりした食感もいいなあ。居酒屋のバターコーンっぽい風味もたまらん。これはもはや高級菓子! 駄菓子と呼んだら失礼ッス! 

野島 うまい棒のフレーバーが変わると味の印象が変わるのもポイントです。個人的にオススメなのはチキンカレー味。バターチキンカレーのようにマイルドで奥深い味が最高にウマい!

助手 僕はなっとう味の意外性にハマったッス! これは限界までバターをディップして食べたくなるッスね......ああっ、うまい棒の先端がドロドロになってしまった! 

野島 だからディップしすぎには注意してって言ったのに!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。著書『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社) 。YouTube『のじまちゃんねる』

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg