ある日、あるとき、ある場所で食べた食事が、その日の気分や体調にあまりにもぴたりとハマることが、ごくまれにある。

それは、飲み食いが好きな僕にとって大げさでなく無上の喜びだし、ベストな選択ができたことに対し、「自分って天才?」と、心密かに脳内でガッツポーズをとってしまう瞬間でもある。

そんな"ハマりメシ"を求め、今日もメシを食い、酒を飲むのです。

* * *

どうもここのところ、やたらと忙しいな。お付き合いのある各出版社や編集社の年末進行の関係かな。さすが師走。

などと思っていたが、今月はよく考えると、ふだんのレギュラー仕事に加え、中央線沿いに点在しているクラフトビールのブルワリーをひとりで8軒取材してまわる仕事、それと、千葉県の5つのスポットで飲み歩く仕事を受けてしまっていて、それをなんとかかんとか、現在進行形で進めている最中であることを思い出した。

かなりスムーズにいったとしても、ぜんぶで最低、丸7日間くらいはかかるだろう。今年の12月の平日はぜんぶで22日。最終週はもう年末だということも考えると、いつもの原稿仕事に使える日数が異様に少ない。そりゃあ忙しいわけだ。

というわけでこの日も、昼から断続的にクラフトビールを飲み続け、最後の取材が終わったのが20時過ぎ。ビールばかり飲んでまともに食事をしていないから、何か食べて帰りたい。場所は新宿西口。あ、そういえばこのへん、あの店があったよな。

昨年、「パネンムー」というタイ料理の存在を知り、大好きになった。地元にしばらく前にできたタイ料理屋に初めて入ってみたところ、ランチメニューにそれがあった。パネンムーをざっくり説明すると「豚肉のレッドカレー」。もっと正確には、レッドカレーというより、各種スパイスやタイハーブ、ピーナッツ、そしてたっぷりのココナッツミルクを使った「パネン」というカレーの豚肉入りバージョンなんだけど、まぁ要するに、具材が豚肉の赤いタイカレーという感じだ。

タイカレーといえば鶏肉や海鮮系のイメージがあるから、初めて知った時は、豚肉を使ったものをちょっと珍しく感じた。実際、タイ料理のなかでは、日本ではわりとマイナーな部類に入るよう。ただ、僕の最も愛する肉は豚。パネンムーを初めて食べて以来、僕のいちばん好きなタイ料理はパネンムーになった。

そこでいっとき、都内でパネンムーを提供しているタイ料理屋をWEB検索で探しまくった。先述の地元の店以外で見つかったのが、新宿に2軒と、高田馬場に1軒。さっそく新宿に出かけてゆくも、運悪くどちらも臨時休業。その日は高田馬場の店でパネンムー欲を満たして帰ったんだけど、ずっと新宿の2軒にも行ってみたいと思っていた。つまりさっき「このへんに、あの店があったよな」と思い出したのが、そのうちの1軒というわけだ。

「バンコクガーデン」「バンコクガーデン」

それが「バンコクガーデン」という店。お、今日はやってる。店頭のメニューを確認すると、あるある。パネンムー。迷わず入店。

ついに食べられる!ついに食べられる!

店内は多くのお客さんでにぎわっていて、店員さんも多い。人気店のようだ。カウンター席につき、仕事ではさんざん飲んできたけど、それとは別のプライベート酒、おつかれ酒を飲みたい。目に止まったのが「バンコクガーデンの(得)Get3 Free1 !!」というメニュー。この日は火曜日だったので、システムはよくわかっていないが、「生」が対象のようだ。そこで店員さんに「これはどういうものですか?」と聞いてみる。すると「生ビールを3杯飲むと、4杯目が無料になります!」とのこと。いやいや、さすがにそれは今日じゃないな......。「パクチーサワー」をお願いします。

がっつり飲みたい日にはいいかもがっつり飲みたい日にはいいかも

「パクチーサワー」(530円)「パクチーサワー」(530円)
生パクチーをたっぷり使った青くさいパクチーサワーがうまい。

あらためてメニュー表を眺めると、かなり品数が豊富で、しかも一品一品にていねいな解説がついている。タイ料理では定番の調味料4種のセット「クルワンポン」の使いかたなどもイラスト入りで説明されている。タイ料理入門にはぴったりな店だな。と、うっかりメニューを熟読してしまって目移りがすごいが、ここはやはり初志貫徹。パネンムーでいこう。

「パネンムー」(1180円)「パネンムー」(1180円)
異国情緒あふれるルックスの皿から立ち上る、エスニックな香りたち。ざっくりとスプーンで探ってみると、僕がこれまでの人生で出会ってきたどのパネンムーよりも豚肉の量が多い。まぁ、そもそも僕のパネンムー経験は浅すぎるんだけど。

豚肉どっさり!豚肉どっさり!

いざ、そこへ甘い香りのジャスミンライスを浸してぱくりとほおばる。うおー! ココナッツミルクのまったりとした甘み、それからしっかりと強めのしょっぱさと、スパイスの爽快な香り。タイカレーってなんでこうも、どこで食べてもうまいのかな。

ただただ、うまい!ただただ、うまい!

ひと口ひと口その美味しさを噛み締めながら食べすすめる。ここのパネンムーは、ごはんに対してカレーや具材が足りなくなるかな? 問題がないのがいい。とにかくカレーも豚肉もたっぷり。その幸せが、最後までずっと続いてくれるのが嬉しすぎる。

唐辛子のナンプラー漬け「プリック」唐辛子のナンプラー漬け「プリック」

僕は辛いものが大好きなので、後半は唐辛子のナンプラー漬け「プリック」も追加。慎重に食べないと痛い目を見る辛味が加わり、これまた最高だ。

最後は全体をよ~く混ぜて最後は全体をよ~く混ぜて

「モンシャム」(640円)「モンシャム」(640円)
途中でパクチーサワーがなくなり、タイ焼酎の「モンシャム」をロックで。日本の焼酎に慣れた身としては新鮮に感じる強いアルコール感が、パネンムーとよく合った。

大満足してごちそうさま。やっぱり好きだな、パネンムー。

僕のパネンムー道はまだ始まったばかりだけど、バンコクガーデンのパネンムーは、あくまで自分のなかで、今のところ暫定1位かもしれない。

【『パリッコ連載 今週のハマりメシ』は毎週金曜日更新!】