南阿蘇水の生まれる里白水高原駅に到着したトロッコ列車南阿蘇水の生まれる里白水高原駅に到着したトロッコ列車

九州を代表する観光地・阿蘇山麓をガタコト走る南阿蘇鉄道(立野~高森 17.7キロ)。2016年4月に発生した熊本地震によって大きな被害を受け、廃線を危惧されたが、7月15日(土)、7年3ヶ月ぶりに全線運転再開! これはおめでたいということで、南阿蘇鉄道で運転士として働く山本英明さんに話を聞いた。

――まずは当時のことを教えてください。震災の時は何をされていたんですか?

山本 14日の夜、最初に地震があったときは熊本市内の自宅にいました。翌日は電車がストップしたので、車で会社へ行って。線路の状況を見たら、被害はあまりなくて、すぐに運転再開できるとなったんです。

――16日未明に最大震度7、マグニュチュード7.3というさらに大きな地震が起きました。

山本 今度は家がしっちゃかめっちゃかで、阿蘇大橋が落ちたという話を聞いて、大変なことになったなと。ニュースで流れるヘリコプターからの映像を見たら、第一白川橋梁は落ちてないけど、土砂ですごいことになっていました。その後、会社から連絡があり、運転再開は難しいので自宅待機と言われて、そのままゴールデンウィーク前まで家にいました。

――出社して沿線の被害を見てどうでしたか?

山本 あんなに土砂が流れてくるとは思わなかったです。でも地震があったのが、夜中でよかったなって。昼間だったらと思うとゾッとします。大事故になるところでした......。高森のあたりは被害が少なかったんですけど、立野はひどいことになっていて、運転はしばらくできなそうだなと。

地震によって線路が大きく曲がった地震によって線路が大きく曲がった

――そのまま鉄道が廃止になることも考えましたか?

山本 周りからもいろんな話を聞いて、大丈夫かなって。まだ入社して2年目で一番下っ端だったので、クビも覚悟しました。でも、うちの社長が、第三セクターなので高森町長でもあるんですが、早い段階で「全線運転再開に向けて頑張る」って、方向性を打ち出したので、そこに向けて社員一丸となりました。

運転士の山本英明さん運転士の山本英明さん

――リーダーの声って大事ですね。その年の7月には途中の中松駅まで運行再開しました。

山本 その区間までも線路がずれたり、いろいろあったんですが、車両を動かさないと線路がサビてしまったり、メンテナンス的にもまずいので、動かせるところまでは動かそうと。そして阿蘇の復活を見せるためにもトロッコ列車は走らせようと。

――トロッコ列車は阿蘇に欠かせない観光資源ですもんね。そして今回、全線運転再開に合わせて新たにJR豊肥本線の肥後大津駅までの乗り入れが始まります。熊本空港の最寄りですし、熊本市内から1回の乗り換えで南阿蘇まで来れるようになります。

山本 これって熊本県知事が提唱していた「創造的復興」という考え方で、元に戻すだけじゃなくて、より良くしていこうって。うちの社長もその考え方にのっとって、大津駅への乗り入れを決めました。お客さんが増えてくれればいいと思いますし、楽しみです。

――今まで運転したことないJRの区間を運転するってどうですか?

山本 しっかり訓練をしていますし、僕らは運転士の免許を取るための研修をJR九州さんでやっていたので、特に心配はないです。それに乗り入れるのはウチの車両だけですし。

――運転士として、沿線でおすすめの場所ってありますか?

山本 ほぼ全区間で阿蘇山が見えるので、すべて見どころなんですけど、やっぱり一番は第一白川橋梁ですかね。昭和2年にアメリカの技術者を呼んで造られた橋で、今回、部材は交換していますが、ほぼそのままで直しました。60メートルの高さから白川渓谷を眺めていただきたいです。

第一白川橋梁を通過するトロッコ列車第一白川橋梁を通過するトロッコ列車

――そんな高い場所、運転していて怖くないですか?

山本 実は高所恐怖症なんですけど(笑)、運転しているときは集中しているので大丈夫です。

――全線復旧するまでの7年は長かったですか?

山本 どうでしょう。あっという間のような感じもして、長いような感じもして。でも、この会社に入ってほとんどが中松までの部分運転なので、これが当たり前というか。僕より下の世代は、高森から立野まで走ってた時代を知らないですからね。

――そう考えると長いのかもしれませんね。再スタートに向けてメッセージをいただけますか。

山本 肥後大津駅への乗り入れが始まりますし、新しい車両も入って、駅舎も新しくなって、いろいろ変わってきている、新しい南阿蘇鉄道に期待していただきたいなって思います。

JR線に乗り入れが可能なMT-4000形(写真右)JR線に乗り入れが可能なMT-4000形(写真右)

南阿蘇鉄道(みなみあそてつどう)...1928年に誕生した国鉄の高森線が前身、1986年に地元の南阿蘇村・高森町などが出資する第三セクターの鉄道会社となる。週末を中心に運行されるトロッコ列車「ゆうすげ号」が大人気!(高森駅~立野駅 片道大人1500円、小児1000円