ある日、あるとき、ある場所で食べた食事が、その日の気分や体調にあまりにもぴたりとハマることが、ごくまれにある。

それは、飲み食いが好きな僕にとって大げさでなく無上の喜びだし、ベストな選択ができたことに対し、「自分って天才?」と、心密かに脳内でガッツポーズをとってしまう瞬間でもある。

そんな"ハマりメシ"を求め、今日もメシを食い、酒を飲むのです。

* * *

自分は本当に松屋が好きだよなぁ、というか、もっと言えばその大きな手のひらの上で転がされているなぁと思うんだけど、生活圏内に多いこともあり、松屋に新メニューが出るたびに気になってしかたがない。

以前も「富士山豆腐の本格麻婆めし」という、豆腐一丁がどんぶりの上にどーんとのった、いわゆる麻婆丼というんだろうか、そういう限定メニューが出ていて、その見た目のインパクトが絶大で、そのうち食べてみたいな、なんてのんきにかまえていたら、提供が終わってしまったということがあった。ところが最近、基本それと同じと思われる「富士山豆腐の麻婆めし」なる一品が、しれっとレギュラーメニューに加わっていることに気がついた。これは熱い! さっさと食べに行くしかない!

実際に店頭へ行って確認すると、「富士山豆腐の麻婆めし」に加え、そこに牛丼のアタマが加わる「富士山豆腐の麻婆コンボ牛めし」や、ごはんは別盛りでサラダもつく「富士山豆腐の本格麻定食」などもあり、どれも魅力的だ。

迷うな~迷うな~

まぁでも、初回の今日はオーソドックスな麻婆めしでいってみるのがいいだろう。ただし、僕はごぞんじ、メシと酒にはとことん意地汚い男。なにかこう、自分だけの楽しみというか、貪欲に味変なんぞ加える組み合わせを試してみたい。

そこで思い出したのが「松屋ビーフカレーソースミニ」の存在。松屋ビーフカレーソースミニとは、その名のとおり、松屋のビーフカレーのソースだけがミニサイズで頼めるというサイドメニュー。僕ははっきり言ってしまえば、松屋のカレー信者。単品で350円するので、丼と合わせたら850円と、一気に高級品になってしまうけど、松屋のカレーと麻婆めしのあいがけなんて、思いついてしまったら試してみないわけにはいかない。

そしてまた、こんな記念すべき日であるから、ビールを頼まないわけにもいかない。そこでドリンクのページを表示する。あれ? 確か前は瓶ビールしかなかった気がするのに、なんとアサヒの「生ジョッキ缶」が頼めるじゃないの! しかもお手頃価格の290円。これはいい。よし、今日の布陣は決まった!

今日の布陣今日の布陣

麻婆めし、噂どおりのインパクトがいい。キンキンに冷えた生ジョッキ缶も、頼もしきカレーソースも、味わい慣れたみそ汁も、僕のもと一同に会してくれて、こんなに嬉しいことはない。

いただきます!いただきます!

まずは念願叶って出会うことのできた麻婆めしが、自分の好みにどストライクすぎて泣けた。富士山工場で製造されたという自家製の絹豆腐は、清らかな水の流れを感じさせるなめらかさで、とろっとろ。そこに絡まるソースが、いわゆる大陸系の本場中華の味とまではいかないまでも、しっかりと本格的なスパイス感が感じられて、しっかりと味が濃い。これぞ松屋流のチューニング! と、心からの拍手を送りたくなる。

美しい断面美しい断面

それにしてもこの麻婆めしの豆腐は、なぜ一般的な麻婆豆腐のように、ダイス状にカットされていないのだろうか。ビジュアルの強さを狙ってだろうか。いや、待てよ、そもそも一般的な麻婆豆腐って、なぜ豆腐がカットされているんだろうか。今、この麻婆めしを食べながら思うけど、豆腐大好きっ子の僕としては、カットされていないこちらのほうが、豆腐を食べてる! っていう気分が強く味わえて嬉しいくらいだ。

そりゃあきっと、カットされているほうが全体に味がなじむし、火の通りも早いし、合理的なんだろうけど、僕は今後、だんぜんこの「一丁麻婆」を支持したい気持ちになってきた。こんど、家でもこのスタイルで作ってみるか。

プシュ!プシュ!

ばくばく!ばくばく!
当然ながら、濃厚な味わいの麻婆めしとビールの相性は最強。松屋で新しいメニューを頼むと必ず試してしまう、紅しょうがとの組み合わせも、爽やかで悪くなく、楽しい(ちなみにカレーには紅しょうがは合わせない派)。

これはありかもこれはありかも

さて後半戦、いよいよカレーにもご登場いただこう。と言っても、いきなりどぼどぼと麻婆めしの上にかけ、味が台無しになってしまったら悲しいので、少量の麻婆めしをスプーンですくってカレーの皿へ。まずは味見だ。

どうかな~  どうかな~

するとこれが、過剰! 過剰! 繊細さなどどこにも見当たらなくなってしまうけれど、ただ、全身がしびれるほどに刺激的でうまくもある。こういう体験なんだよな。僕が松屋でメシを食う意味を感じる瞬間って。

えーい、もうどうにでもなれ! と、はしたないことは承知で、残りの麻婆めしにカレーをかけちゃえ。七味もどばどばいったれ。

いってやったいってやった

はっきり言って、万人にはおすすめしない。料理としての存在が過剰すぎるから。けれども僕は個人的に、数ヶ月に一度くらい、こういう爆裂的に濃い味の料理をつまみにビールを飲む喜びを味わいたい。そんな背徳の欲望を満たしてくれる、松屋のオリジナル麻婆カレーめしなのだった。

【『パリッコ連載 今週のハマりメシ』は毎週金曜日更新!】