戦争について真剣に語り始めたひろゆきに、ホリエモンは――?

北朝鮮が日本を攻撃する可能性は本当にないのか――?

メディアでもさかんに議論される北朝鮮の核・ミサイル問題だが、『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏は、そもそも戦争について話題にすることの功罪について議論する!

* * *

ホリ 一時は希望の党が大躍進を遂げるかもなんていわれていた総選挙も、フタを開けてみれば自民党の圧勝だったね。

ひろ 僕的には「戦争が起きるとき、起きそうなときは与党が勝つ」というセオリーどおりになったことが興味深いですね。アメリカでもジョージ・ブッシュ大統領が再選したときはそうでしたし。

ホリ 麻生(太郎)さんが、「北朝鮮のおかげ」って言ったんだっけ?

ひろ 麻生さんも正直すぎますよね(笑)。んで、個人的には保守論客として有名な小林よしのりさんが「自民党は保守じゃない」と言っていておもしろかったです。「日本は実質的にアメリカに従属しているので、本来の日本のための政治ができていない。それは保守ではない」っていう主張なんですが、一理あるなと。

ホリ てか、そもそも国がどこに従属してるかって、個人的に不利がなきゃどーでもよくね?

ひろ いやいや、北朝鮮に攻撃させたがっているアメリカに従うことって、日本的には不利益だと思うんですよ。

ホリ でも、北朝鮮は日本を攻撃しないでしょ。

ひろ 沖縄の基地とか攻撃される可能性がないとは言い切れません。

ホリ てか、別に本当にそうなったら日本にいなきゃいいじゃん。そもそも、ひろゆきは日本にいないし(笑)。

ひろ 僕個人の話じゃなくて、日本国としての利害の話っす。んで、今の北朝鮮って、太平洋戦争に突き進んだ日本の状況に似ていると思うんですよ。

ホリ どういうこと?

アメリカは戦争を望んでいるんだろうなぁと……

ひろ あのときって、日本への石油の輸出が止められたじゃないですか。そんで、日本は戦争をしてでも石油を取りに行くことになった。同じようにアメリカや日本などは今、北朝鮮に対して石油を含めた貿易を止めようとしている。つまり、アメリカは戦争を望んでいるんだろうなぁと……。

ホリ うーん……。

ひろ で、今の北朝鮮のミサイルのレベルではアメリカ本土に被害が出る可能性はかなり低いので、アメリカはめっちゃ戦争を煽(あお)ってるんです。

ホリ そういう戦争論好きだよね。

ひろ 北朝鮮から名指しで「攻撃するぞ!」と言われている日本も対米従属なので、戦争を起こす方向で動いてるわけで、これって日本の国益を考えたら損な選択肢だと思うんですよね。戦争が起きないほうが日本は得ですから。

ホリ まじめにそんなこと考えてんの?(笑)

ひろ ええ、割と。

ホリ 万が一、戦争になったら特需でしょ(笑)。ま、戦争にはならんけど。

★後編⇒ホリエモン×ひろゆきが戦争を語る功罪を激論「ポピュリズムを煽るメディアが戦争に向かわせてる」

(構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル)

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)1972年10月29日生まれ、福岡県出身。旧ライブドア社長。SNS株式会社オーナー兼従業員。『やっぱりヘンだよね』(集英社)が好評発売中

●西村博之(にしむら・ひろゆき)1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著は『無敵の思考―誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21』(大和書房)