米軍将校が大絶賛する国産最強戦車の実力は?

ここは西部劇でおなじみアメリカ、ウエスタン。はるかなる荒野に現れたのは……あれれ、日本の戦車だっ!? はるばる米軍のヤキマ演習場に初遠征してきた自衛隊の「10式戦車」。今まで日本の狭い演習場でたまったうっぷんを晴らすかのようにダダダダーッと走り回る雄姿を密着撮影した!

ニッポンの“第4世代”となる最新鋭「10式戦車」が、世界の舞台に颯爽(さっそう)とデビュー!

米ワシントン州ヤキマの演習場は、東京23区がふたつスッポリ入る約13万ヘクタールの広さだ。ここで行なわれた日米共同実動訓練「雷神2014」に、日本からは陸上自衛隊・第13普通科連隊(長野・松本)を中心に約350名、米側は第2ストライカー旅団など約300名が参加した。

10式は砂塵(さじん)を巻き上げながら、最高時速70キロを誇るスピードで“最前線”へと向かう。

「敵戦車多数発見! これより撃破する!」

戦車小隊は、C4Iと呼ばれるネットワークで結ばれ、敵・味方の位置が車内のデジタルマップでリアルタイムにわかる。そのため瞬時に敵を見分け、同時に多目標を狙えるようになった。もちろんスラロームしながらの高難度な射撃も可能だ。

「ヒトマルは、クールな頭脳を持つ“鉄のカウボーイ”だぜ!」(演習に参加した米軍将校)

果たして将来、同じ戦場で10式が米軍と一緒に戦うことになるのだろうかーー。

主砲は日本製鋼所製の国産120mm滑腔砲を装備。国産の水冷4サイクルV型8気筒ディーゼルエンジンは、最大1200psを発揮。外装式モジュール装甲を採用し、軽量かつ高い防御力を実現。さらに冷暖房を装備した隊員に優しい快適モデルだ

米軍との連携もスムーズな10式

■“走るコンピューター”こと10式は米軍との連携も完璧!

世界中に空輸され、迅速に部隊展開できる米軍のストライカー装甲車。今回の訓練では日本の10式戦車が掃討した後に米兵を乗せて駆けつけ、敵陣を完全に制圧する役割を果たす

日米の歩兵部隊はCH―47ヘリを使ってヘリボーン降下し、戦車部隊のための偵察任務を素早く開始。20~30kgの重装備を背負いながら、最前線まで約6kmの距離を駆け足で展開した

10式戦車の“最強の武器”が120mm装弾筒付翼安定徹甲弾(APFSDS)。まだ夜が明けきらぬうちにトレーラーから運ばれ、各車両の砲塔後部から自動装填装置に給弾していく

戦車、ストライカー、歩兵のコンビネーションがうまくいかなければ作戦は遂行できない。日米に言葉の壁はあるが、そこは同じ軍人同士だけに、訓練が進むにつれて相互理解もバッチリ!

(取材・文/世良光弘 撮影/SASAGAWA PHOTO OFFICE)