エアラインがあと2社くらい本格参入したら、価格競争で東海道新幹線の運賃も引き下げられる?

高い技術力と安定性で定評のある日本の新幹線。

その一方で、『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏は東海道新幹線は「ソフト面が残念」と指摘。前編に続き、東京-大阪間の移動手段について考える!

* * *

ホリ 今のところ、東京-大阪間を移動するとしたら、現実的な手段は新幹線か飛行機になるよね。新幹線はJR東海だけだし、飛行機も羽田-伊丹はANAとJALでほぼ寡占している。寡占しているから料金も高止まりしているんだよね。

ひろ 独占や寡占市場の値段が高止まりするってのは世の常ですよね。海外に比べると日本の鉄道の料金って高いんすよ。パリからベルギーのブリュッセルまでは、前もって予約すると高速鉄道で3500円ぐらいで行けます。外国に3500円で行けるのに、東京-大阪間(片道)って安くても1万3千円とかかかるんですよ。割引があっても、その額なんて高が知れていますし。

ホリ そこはヘンなポイントだと思うなー。

ひろ 僕、思うんですけど、東京-大阪間ってけっこう微妙な距離じゃないですか? 例えば、広島までなら飛行機のほうが断然早いんですけど、大阪の伊丹空港って街の中心地に行くまで、30分くらいかかるし、搭乗時のチェックインやら到着時の荷物の受け取りやらの待ち時間を考えると、そこまで早くないですよね。

ホリ 俺は15~20分刻みの予定があるときなんかはやっぱり飛行機を使うかな。ANAのプレミアムクラスに乗っていたら割と早く搭乗手続きや荷物の受け取りができるし、大阪の中心地までもタクシーなら早く着く。

ひろ あー、タクシー使えば楽っすね。でも電車やバスで行くとけっこう面倒くさいんですよ。

ホリ JR東海の新幹線ユーザーや伊丹空港の飛行機ユーザーはビジネス客がメインだから、領収書は切れるだろうし、空港から市内への移動もタクシーでオッケーな人が多いよね。ただ、どちらも値段が高止まりしているのは事実。

ひろ 競争原理があれば価格は下がっていきますよね。

ホリ そうそう、エアラインがあと2社くらい本格参入したら、運賃の相場は半額以下になると思う。そして、それにつられて東海道新幹線の運賃も引き下げられる。本来はそうあるべきなんだけどね。

ひろ でもそうすると、リニアは無理っすね(笑)。

ホリ だね。だから鉄道オタク的には痛しかゆし(笑)。

ひろ ドル箱路線によって最先端の技術を開発できるけど、競争がないからユーザーにとって使いやすい環境になかなかならない。難しいですね。

ホリ でも競争原理は入れていくべきだと思うよ。価格競争が始まって、Wi-Fiとか荷物置き場なんかの細かなサービスも充実する。それはユーザーにとっては絶対にいいことだからね。

ひろ ですね。

(構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル)

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)1972年10月29日生まれ、福岡県出身。旧ライブドア社長。SNS株式会社オーナー兼従業員。『やっぱりヘンだよね』(集英社)が好評発売中

●西村博之(にしむら・ひろゆき)1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著は『無敵の思考―誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21』(大和書房)