"ホリエモン"こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏による『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」。今月、ツイッターを休止したことでも話題のZOZO前澤友作社長。何かと注目を浴びた前澤社長のツイート活動を両氏はどう評価するのか?

* * *

ホリ ZOZO前澤友作社長の「1億円お年玉キャンペーン」から20日ほどたったけど(※編集部注)、いまだにまねする人は出ているね。

ひろ なんかビットコインを指定の口座に送ってくれたらその10倍を送り返すとか、どう考えても不自然なニセ前澤アカウントが出てきたりしていますよね......。

ホリ ビットコインを流通させたり、多くの人に認識してもらうには配るのが一番ではあるんだけど、どう考えてもこれって詐欺だよ(笑)。でも、1億円をばらまいたことで、前澤さんのフォロワーは激増したし、テレビにも取り上げられたりして、結果的にはZOZOTOWNの大きな宣伝にはなったよね。

ひろ 確かに広告効果としては半端ない感じだったと思います。1億円でこれだけの広告効果を上げるって、どんなに優秀な広告代理店に頼んでも難しいですから。

ホリ それは多くの人も感じたみたいで、この一連の流れを「広告代理店が必要なくなる」とか「新しいPRのカタチ」的な見方をする人は多いよね。

ひろ ツイッターでのプロモーションを年間1000万円ぐらいで請け負う広告代理店ってけっこうあると思うんですけど、そんなところに頼むより直接現金を配ったほうがよっぽど効果あるってのがわかったのは、社会実験としてはおもしろいですよね。

ホリ そう考えると、これからの広告は、こういうあからさまに金をばらまくみたいなカタチが多くなってくるのかもね?

ひろ まあ、お金が欲しい人って世の中にはいっぱいいますからね。そのへんの欲望をかき立てるアプローチは出てきそうですけど。

ホリ 前澤さんのお年玉キャンペーンを見て、「ツイッター社が1億円配ったら、日本のツイッターのユーザーが増えるかも」と言った人もいたみたいだけど。

ひろ でも、ツイッター社にそんな余裕はなさそうな......。

ホリ いや、それくらいはあるんじゃない? てか、10億円とかでも出せるだろうし。

ひろ 出せる資金があったとしても、10億円を使ってツイッターを使ってない日本人に新規にアカウントを作ってもらっても、どうせ使い続けないと思うんですよ。前澤さんのアカウントだって、キャンペーン終了後にフォローを外す人は多かったですから。

ホリ まあね。

ひろ 中国みたいにこれから発展する国だったら積極的に投資して伸ばしていこうという考えになると思いますけど、高齢化社会と少子化がわかってる日本に先行投資する可能性はだいぶ低いかなと。

★後編⇒ホリエモン×ひろゆきがZOZO前澤社長のツイート活動に「投資家からすれば『フォロワーを増やすより、株価を上げろ』が、まっとうな意見」

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年10月29日生まれ、福岡県出身。SNS株式会社オーナー兼従業員。西野亮廣氏との共著『バカとつき合うな』(徳間書店)が発売中

●西村博之(にしむら・ひろゆき)
1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著に『論破力』(朝日新書)

※この記事は『週刊プレイボーイ』6号(1月28日発売)に掲載されたものを配信しており、その時点での情報になっています。ご了承ください。

★「ホリエモン×ひろゆき 帰ってきた!なんかヘンだよね…」は土曜・日曜日更新!★

horiemonhiroyuki_605_90.jpg