大手コンビニは「今年の8月末までに成人誌の販売を中止する」と発表したが、都心のコンビニではすでに続々とエロ本が姿を消している

「ついに来る時が来た。今年の夏までにかなりの数の成人誌が休刊に追い込まれるのではないか」(出版関係者)

1月に大手コンビニが取り扱い中止の方針を発表し、売り場を失ったエロ本が土俵際に追いつめられている。平成の終わりとともに「エロ本」も消える運命なのか?

* * *

■今やエロ本ではなく「ブックレット付きDVD」

1月21日にセブン-イレブンとローソンが、そして翌22日にファミリーマートが成人向け雑誌の取り扱いを中止する方針を発表した。これで事実上、日本のコンビニエンスストアから成人向け雑誌が締め出されることになる。

この報道を受けて「エロ本がついに死んでしまう」「残念だ」という声もあちこちから聞かれたが、現在、エロ本が置かれている状況をきちんと把握している人は少ないのではないだろうか。

よく誤解されるのだが、基本的に現在、コンビニで販売されている成人向け雑誌は「18禁」雑誌ではない。あくまでも「18歳未満には推奨できない」雑誌であり、「類似図書」と呼ばれている(表紙に「18禁」マークがついているか否かでそれは判別できる)。

つまり「エロ本」は、コンビニでも販売できる「類似図書」と、書店やアダルトショップなどで販売される「18禁雑誌」の2種類があるのだ。俗に前者はコンビニ売りエロ本、後者は書店売りエロ本と呼ばれることが多い。

現在、発売されているエロ本(マンガを除く)を分類すると次の8種類となる。

(1)コンビニ向けメーカー本 
現在のエロ本の主流。「メーカー本」とは、主にAVメーカーから提供された素材のみで構成された本のこと。メインは付録のDVDであり、雑誌は36ぺージ程度とその分量は極めて薄い。なかには本文が16ページしかないものもある。

(2)書店向けメーカー本 
基本的な作りは(1)と同様だが、18禁マークがついている分、内容はよりハードになっている。

(3)撮り下ろしハメ撮り本 
出版社が自社で撮り下ろしを行なっているハメ撮り雑誌。現在は極めて少なくなっており、撮り下ろしをしている場合もDVDやネット配信用の動画と同時撮影していることが多い。コンビニ向けと書店向けがある。

(4)AV情報誌 
80~90年代には20誌以上が乱立したAV情報誌も現在は壊滅寸前。AVの素材を中心に編集している点ではメーカー本と同じだが、インタビューやコラムなど編集ページが多い。こちらもコンビニ向けと書店向けがある。

(5)風俗情報誌 
こちらも90年代には全盛を誇ったが、現在はネットにお株を奪われた形でほぼ壊滅状態。風俗嬢のカタログを中心とした雑誌と、潜入取材ルポを中心とした雑誌がある。

(6)マニア誌 
SMや女装などマニアックなジャンルに特化した雑誌。読者層が限られる分だけ価格が高く、2000~3000円台が普通になっている。

(7)投稿写真誌 
パートナーとのハメ撮り写真など、読者から投稿された写真を掲載する雑誌。現在、3誌が残っており、SMや野外露出など、かなり過激な写真が多い。

(8)パンツ誌 
00年代に全盛を誇った下着などの付録をメインとした雑誌。かつてはあくまでも付録だったが、現在はパンツが7枚つくなど「量」を競うように。それもあり下着を収納した巨大な段ボール箱が薄い誌面に挟み込まれている。

* * *

専門店や書店の成人向けコーナーを見ると、いまだに多くのエロ本が並んでおり「まだまだエロ本も元気じゃないか」との印象を受けるかもしれない。しかし、一冊一冊をよく見ると、そのほとんどがAVメーカーから提供された流用素材だけで作られた「メーカー本」であることがわかる。

記事はほとんどなく、AVの場面写真だけで構成されており、「エロ本」とはいっても、実際は付録のDVDのほうがメインとなっている。

エロ本にDVDの付録がつくようになったのは00年代の前半からだ。それでも当初は編集部が撮り下ろした映像を収録していたが、00年代後半になると、そのほぼすべてをAVメーカーからの借り物で制作するようになっていった。理由はもちろん、自社で撮り下ろすよりも制作費が安く済むからだ。

当時はインターネットの普及により、エロ本の売り上げが目に見えて落ち込んでいった時期でもあり、制作費は切り詰められる一方だったのだ。

また読者のニーズもあり、編集部は徐々に誌面の充実よりも付録のDVDを重視するようになっていった。

00年代にパンツ付き雑誌で一世を風靡した『ザ・ベストマガジン』などを出していたベストセラーズがエロ本から撤退した後も、他社が引き継いで刊行。付録の下着の枚数はどんどん多くなり、収納している箱もこんなに分厚い!

こうしてエロ本は編集ページを削り、AVメーカーの素材に依存するように。そして気がつけば、エロ本のほとんどがAVメーカーからの借り物だけで作られるようになった。独自の撮影も記事もなくなり、それまでのエロ本制作に必要なスキルを持っていた編集者たちも編集部を去っていった。

その後、多くの有名エロ本が休刊。現在、発行されている大半は単発のムックであり、月刊誌などの定期刊行物は、数えるほどしか残っていない。そもそも現在のエロ本で、DVDがついていないのは風俗情報誌くらいで、もはやエロ本というよりも「ブックレット付きDVD」と言ったほうが正しいのかもしれない。

つまりコンビニから締め出される以前から、エロ本はとっくに死んでいたのである。

■エロ本が減るとパズル誌が増える?

今回のコンビニ規制は、そんな瀕死状態のエロ本業界にとどめを刺すような事件といえるだろう。

「コンビニで売れなくなるのなら、書店で売ればいいじゃないか」と思われるかもしれないが、その書店は今、全国で毎年300~500店ずつ減少している。しかも最近の主流である大型書店やショッピングモール内の書店には、言うまでもなくエロ本コーナーはない。

また、そもそもコンビニ向けとして作られた誌面をそのままに書店向けに移行することは簡単ではない。コンビニ向けと比べると、書店向けのエロ本はどうしても部数を見込むことができないため、価格を上げなければならないからだ。当然、内容もライトユーザーよりも、コアユーザーを意識しなければならなくなる。

なので今後、多くのコンビニ向け雑誌は休刊するか、もしくはタイトルだけ残して内容を大幅に変更するかという選択を迫られるはずだ。この記事の取材中にも、『俺の旅』(大洋図書)や『DVDヨロシク!』(三和出版)といった10年以上続いた雑誌の休刊情報が続々と入ってきている。恐らくかなりの数の雑誌が今回の規制によって消えるだろう。

そうなると、出版社としては休刊したエロ本の編集者をどうするかという問題に直面する。書店売りのエロ本を増やすにも限度があるからだ。

「今、業界内では『エロ本が激減したら、一時的にパズル雑誌が増える』といわれているんです。僕らからすると、それはそれで困るんですが......」

そう複雑な表情を浮かべていたのは、某パズル雑誌の編集者だ。エロ本の出版社はパズル雑誌を発行していることが多いため、今後はそちらに注力するとみられているという。

とはいえ、限りあるパイを奪い合うことになれば、既存のパズル雑誌もじきに厳しい状況に追い込まれるだろう。コンビニのエロ本規制は意外なところにまで影響を及ぼしているのだ。

2000年頃は480ページ以上もあり、電話帳のような厚さだった風俗情報誌『MAN-ZOKU』も、今では100ページちょっとの薄さに(しかも当時よりも値段は高い)。風俗情報もネット時代となり、広告が激減してしまった結果だ

■エロ本は今後、マニアのものに?

まるで四面楚歌。それでもいまだエロ本作りに情熱を燃やしている編集者もいる。

「こうした状況のなかでも、まだエロ本を作っている編集者はホンモノの『変態』ですよ(笑)。金儲けがしたいのなら、とっくにほかのことをやっているでしょうからね。私を含めて今、残っているのはエロがやりたくてやってる人間だけなんですよ」

三和出版第一編集部の丘崎太郎氏は、そう言って笑った。

三和出版は30年以上の歴史を持つSM投稿誌『マニア倶楽部』や、ディープなスカトロ専門誌としては常識外れのヒットを飛ばした『お尻倶楽部』など、古くからSMやフェチなどのマニア系に強い出版社として知られている。

「エロ本が減ってきたこともあり、最近は出演してる女のコも本物の変態ばかりになりましたね(笑)。読者も筋金入りのマニアばかりだから、本物じゃないと満足してもらえないんですよ」

現在、三和出版で発行しているマニア向け雑誌はDVD付きとはいえ、いずれも2000~3000円台と高価だ。

「だからこそ、それだけの金額でも買ってもらえるだけの内容じゃないとダメなんです。普通のエロを目当てにしてる人がまったくヌケないくらいマニアックじゃないと(笑)」

だからこそ三和出版は自社での撮り下ろしにこだわっている。オリジナルのコンテンツであれば、自社のウェブサイトで販売するなど、再利用ができるという点も大きなメリットだ。

「撮影自体は減ってないですよ。むしろ以前より増えているかもしれない。毎日、編集部の誰かが脱いでると言っても過言ではありません(笑)」

ただ、丘崎氏も読者がDVD目当てになっていることは認めざるをえないという。

「それも時代の流れであれば仕方ないと思うんです。私だってアダルト以外の本を作るくらいなら、エロ動画を撮ってるほうがいい。あくまでやりたいのはエロなわけですから」

そんな業界の潮流のなかにあっても「DVDはあくまで付録」という姿勢を崩さないのは、マイウェイ出版『新生ニャン2倶楽部』の山田陽介編集長だ。

「だからうちの雑誌の表紙は、DVDのところに『特別付録』って書いてあるんです。あくまでも特別だよ、当たり前についてるんじゃないよって(笑)。僕はやっぱり誌面に力を入れたいと思っているので」

『ニャン2倶楽部』は89年に創刊された老舗投稿写真誌だ。恋人や妻などパートナーのハメ撮り、SM、野外露出といった過激な投稿写真が誌面を飾り、90年代以降に乱立した同系統の雑誌のなかでも圧倒的な知名度を誇っている。

しかし13年には、版元であるコアマガジンの方針により休刊となってしまう。そこで編集者だった山田氏は現在のマイウェイ出版に移籍することで、『ニャン2』を存続させる道を選んだのだ。

「これだけ歴史がある雑誌を終わらせるわけにはいかないと思ったんです」

投稿誌は長年培った信頼があってこそ成立する。その歴史が財産だ。入社以来、『ニャン2』ひと筋だった山田氏にとって、それを無に帰してしまうのはとうてい許せることではなかった。

「これはひとつの文化ですから残していかないといけない。一年でも、一号でも長く続けたいと思っています」

誰もがネットで写真を公開できる時代になったが、それでも『ニャン2』に掲載されることに意義を見いだす投稿マニアは多く、今でも毎日投稿が届いているという。 

丘崎、山田両氏とも現在、関わっている本は書店売りのため、今回のコンビニ規制も直接の影響はないと言う。むしろ、これまでコンビニでエロ本を買っていた客が書店へと流れてくるかもしれないという淡い期待もあるかもしれない。

しかし、全国の書店の数自体が急激に減少している現状から考えると、未来が明るいとは決して言えない。また、彼らが勤める出版社自体はコンビニ向けエロ本を多く出しているため、それを失うことで損害を受ければ、書店売りエロ本編集部にも影響があるだろう。

それでもエロ本にこだわり続ける編集者と読者がいる限り、決してエロ本はなくならない――そう信じたい。