お互い胸ポチぐらいで騒ぐのをやめたほうが楽しく生きられると思いますよ

フジテレビ系の情報番組『めざましテレビ』で男性の「乳首ポコ」を取り上げたところ、約9割もの女性が「気になる」と回答。この特集に対し世の男性からは「男性へのセクハラ」と非難が殺到した。

タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に思うあんなこと、こんなこと。

* * *

『めざましテレビ』で今月3日に放送された「乳首ポコ問題」特集。男性の乳首がシャツの上からポコっと見えているのは気になるという女性たちの声を取り上げ、「男性へのセクハラだ」と批判されました。確かに、乳首くらい放っておいてあげればいいのに。

番組の調査では男性の約4割、女性の約9割が男性の乳首の透けが気になると回答しています。でもこれは女性たちがいかに乳首を性的存在として意識させられているかってことだと思うんです。つまり女性の胸ポチに異常反応する男目線を女性が内面化して、男性に向けているんです。

かつてはテニスのマリア・シャラポワ選手の胸ポチが話題になりました。当時17歳の女性アスリートの乳首がエロいと騒ぐなんてほんと最低です。

そもそも、なんで女性の乳首は卑猥(ひわい)なもので男性のはそうじゃないんでしょう。SNSでも男性の乳首はOKなのに女性の乳首は露出NG。

そんなのおかしい、と乳首のジェンダー平等を訴える乳首解放運動なるものもあります。フリー・ザ・ニップル! 「女性の乳首は赤ん坊に授乳するための自然な器官。エロいものと決めつけて人目にさらすなというのは女性に対する差別だ」という主張はもっともです。

でも、私もこれまで『週プレ』をはじめさまざまなメディアで女性の乳首がエロ部位として扱われるのを見てきたので、エロくないものと認識するには心構えが必要です。その心構え、つまり意味の読み替えこそがみんなの乳首を解放するのですね。

実際、乳首の意味が劇的に変わった瞬間を目撃したことは何度もあります。出産した友人たちは、私の目の前でペロンと乳首を出して赤ちゃんにくわえさせました。私もそうだったけど、授乳中は乳首は性的存在でも隠すべきものでもなく、純粋な乳汁分泌器官になるのです。

それにしても、日本は女性の胸を性的に扱いすぎ。前述のシャラポワの話もそうだけど、たかが胸ポチが事件ですから。欧米ではセレブもノーブラで人前に出ますよね。

そこでオーストラリアで暮らしている16歳と13歳の息子たちに聞いてみました。乳首が浮いてる人、気になる? 「質問の意味がわからない」と言われたので説明すると、「ノーブラの中年の先生はいるけど誰も気にしてないよ。若いコはおしゃれでやってるんでしょ。ことさらに見せつける感じじゃないならいいんじゃない?」とけげんな表情。単なる乳首の浮きで騒ぐ理由がわからないようでした。

女性の胸ポチやブラ見えに公然とエロ目線を注ぐ日本では、女性自身が胸や乳首を恥ずかしいものだと認識してしまい、男性の乳首にも過剰反応するのでしょう。人には乳首がついているもの。お互い胸ポチぐらいで騒ぐのをやめたほうが楽しく生きられると思いますよ。

●小島慶子(こじま・けいこ) 
タレント、エッセイスト。テレビ・ラジオ出演や執筆、講演とマルチに活動中。現在、日豪往復生活を送る。対談集『さよなら!ハラスメント』(晶文社)が好評発売中

★『小島慶子の気になるコト』は毎週水曜日更新! ★

kojima_banner_0402.jpg