"ホリエモン"こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏による『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」。

今回のテーマは、ロンドンブーツ亮と宮迫博之の復帰について。前編では、ユーチューブに謝罪動画をアップして批判を浴びた宮迫博之に、「開き直って芸人らしく面白い動画を公開したほうがよかった」と堀江氏。対照的に、亮が好意的に受け入れられたのは、淳が復帰をプロデュースして「『テレビが先』だというスタンスを明確にしたのも良かった」と分析した。

* * *

ひろ 一方で、宮迫さんは突如ユーチューブで復活したので、世間のバッシングがそのまま本人にぶつけられてしまった。そして、「テレビにすぐに出られないから、まずはユーチューブで」というスタンスが、テレビなどの既存メディアから叩かれる理由にもなったと思うんです。

ホリ しかも、宮迫さんはユーチューブのユーザーたちにも歓迎されていない。「テレビに出られないからユーチューブに出るとか虫がよくね?」とユーチューブのユーザーからも叩かれているからね。

ひろ 人気ユーチューバーのシバターさんは『宮迫のYouTubeデビューに反吐(へど)が出る』という動画をアップしていますからね。ユーチューブ側でどう見られるかということを意識できなかったのは宮迫さんの落ち度なのかなと。

ホリ んーでも、落ち度っていうほどか?

ひろ 考慮すべき点を無視したってところは落ち度かなと思います。そして、亮さんのほうも今後は確実に安泰かといわれればそうでもないのかなと。復帰したてのときは話題になりますけど、そもそも亮さんってそんなに面白くないじゃないすか。

最初は話題性もあってひな壇とかに呼ばれると思うのですが、旬が過ぎたら「別に亮さんじゃなくていいよね」となる気がします。

ホリ てか、亮さんって謹慎前からその立ち位置じゃないの?(笑)

ひろ 一連の騒動がなければ見慣れているからいてもいいと思うんですけど、これからは「別に亮さんじゃなくてもいいよね?」と言われないような立場じゃないとキャスティングされづらいと思うんですよ。吉本興業としては傷がついてなくて売り出したい若手芸人さんはいっぱいいるわけで。

ホリ でも有名というか、認知度ある人を使うんじゃないの?

ひろ 「傷がなければ」だと思うんですよ。亮さんの「いい人そう」というキャラは、反社の件があるのでさすがに難しいですし。

ホリ そういえば、島田紳助さんがmisonoさんのユーチューブに出演したのも話題になったよね。ちょっと見たけど頭の良さが出ているし、やっぱり紳助さんおもしろいわ。あれで紳助さんの評価は上がったよね。反対に今回の動画で宮迫さんは評価を下げてしまった。まあ、ユーチューブをなめてるように見えたのかもね。

ひろ その気はなくても「ユーチューブならいけるだろう」的な感じに取られたんでないかとは思いますよね。

ホリ 宮迫さんはやっぱり、テレビ的な感覚のままユーチューブ配信をしたのが良くなかったと思う。謹慎前のようにテレビの仕事をやりたい感が出ているもん。結果的に低評価の嵐で芸能界復帰に暗雲が垂れ込めてきた可能性は否定できないよね。

ひろ ですね。

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年10月29日生まれ、福岡県出身。SNS株式会社オーナー兼従業員。近著に『雇用大崩壊』(小学館)

●西村博之(にしむら・ひろゆき)
1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著に『凡人道 役満狙いしないほうが人生うまくいく』(宝島社)

★「ホリエモン×ひろゆき 帰ってきた!なんかヘンだよね…」は土曜・日曜日更新!★

horiemonhiroyuki_605_90.jpg