ゴミ清掃員としても働く芸人の滝沢秀一(マシンガンズ)が、ゴミを回収していて気が付いた事実、それが「金持ちの家から出るゴミは少ない」ということ。長年にわたりゴミを見続けた滝沢氏だからわかる、ゴミに隠された秘密を教えます! みんなでゴミを少なくして、金持ちになろう!

デパ地下なんかに行くと、ありとあらゆる食べ物が大量に売られていますよね。もちろん「おいしそうだな~」とも思いますが、同時に「これ、全部は食べないんだろうな」と思ってしまいます。「どうやって捨てるのかな」とか、そんなことばっかりが気になります。

僕は家庭で食べ物を無駄にしない工夫をしています。最悪、賞味期限が過ぎても食べるという(笑)。立川談志師匠が「ゴミ箱に捨てるなら胃の中に捨てたほうがましだ」みたいなことを言ってましたが、まさにそれです。

それはさておき、あまり無茶じゃない工夫として、最近は「干し野菜」がブームです。外食の機会が増えると冷蔵庫の中のものが悪くなりがちなので、余りそうな野菜を干しておくんです。えのきとか干しておくと水分がなくなりカラカラになります。食べるときは、そのままお味噌汁に入れるだけですごくおいしいです。乾燥させると1カ月以上腐らずに持ったりしますから、食品ロスにならないですよね。

なので、僕は何かを腐らせたりとか賞味期限切れで捨てるということはほとんどありません。肉系と魚系だけ気をつければ、そんなに難しくありません。

当たり前のように捨てられているランドセル。いらなくなったら寄付できるので、利用して!当たり前のように捨てられているランドセル。いらなくなったら寄付できるので、利用して!

娘が残したご飯ももちろん食べますが、最近はコロナなどのウイルスが気になるので煮込みます。で、麺つゆかければ大体うまいんですよ。ただ、「今、何食ってるんだろうな?」とは思います(笑)。食べたくて食べてるわけじゃなく、もったいないから食べてるだけなので。食へのこだわりではなく、捨てないことにこだわりを持つとそうなっちゃいますよね。

食べ物以外でモノを捨てない工夫として、洋服は全部レンタルで一切買いません。買うのは下着や靴下くらいです。

まだなじみがないかもしれませんが、毎月上3着、下1着をスタイリストが選んで送ってくれて、月8,000円ぐらいです。この値段が安いか高いかは微妙なラインですが、買えば3、4万はする服がレンタルできます。

1カ月着たら返すんですけど、芸人なのでどうしても「今日の仕事は汚れそうだな」という日があります。「あいつが一緒だから危ないな」とか(笑)。そういうときは、かなり気を使いますけどね。

ゴミ回収をしていると「これ一回でも着た?」みたいな新品の服が捨てられているのをよく見ます。タグが付いたままの新品のウォーキングシューズとか。年末年始に買った福袋とかで、好みじゃなかったりサイズが合わなかったりしてそのまま捨てているのかもしれません。

今は安くていい服が簡単に買えますが、安く買ったものって大体捨てちゃう。あと、「今度着よう」「いつか着よう」っていう服は、結局着ません。タンスの肥やしになってる服は日本人の平均で25枚ぐらいあるという話を聞いたことがあります。それ以上増えると「捨てよう」ということになるんでしょう。

僕は傘もレンタルします。最近は駅前などで見かけるようになりましたね。小さい折り畳み傘は持っていますが、夏のゲリラ豪雨とかはカバーできないので、そのときだけ1回70円くらいで大きい傘を借ります。そんなときにわざわざビニール傘を買うのも癪ですよね、結局ゴミになるし。雨上がりのゴミ集積所を見ると、新しいビニール傘が投げ捨てられているのをよく見ます。

日本人はひとりあたり4.2本の傘を持っていて、これは世界一だそうです。おそらくビニール傘をよく買うからなのでしょう。

今はプライベートジェットでもレンタルできるそうです、僕が借りることはないと思いますけど(笑)。あえて買わないで、借りることでみんなでシェアするという社会は、ゴミも減るしとてもいいことのように思います。

滝沢秀一(たきざわ・しゅういち)
1976年9月14日生まれ、東京都出身。
お笑いコンビ「マシンガンズ」として活動するかたわら、ゴミ清掃員としての仕事もこなす。
著作はゴミ清掃員の体験を書いたエッセイ『このゴミは収集できません』ほか多数

※ごみの捨て方のルールは自治体によって異なります。お住まいの地域のルールをご確認ください。

マシンガンズ・滝沢秀一の『金持ちのゴミはなぜ少ないのか?』は毎週木曜日更新中!