外国の投資で日本チームが強くなるなんて超おいしい?

バルセロナのイニエスタがヴィッセル神戸へ移籍することになった。

『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が、その本当の理由を解説する!

* * *

ホリ 今夏、バルセロナを退団予定のサッカー・スペイン代表イニエスタがJリーグのヴィッセル神戸に移籍するってニュースがあったけど、大歓迎だね。

ひろ サガン鳥栖も元スペイン代表のフェルナンド・トーレスって選手を獲得する動きがあるみたいですね。

ホリ ね。それもこれもスポーツの試合映像が見放題の「DAZN(ダゾーン)」の影響がデカいと思う。10年間で約2100億円の放映権契約を締結したわけだけど、DAZNがメディアスポンサーになってから、明らかにJリーグの潮目が変わってきていると思わない?

ひろ 放映権料のおかげで巨額の資金が入って、それを元に外国の優秀な人材が来てくれるという流れですかね? そうやって日本サッカーのレベルが上がるなら、いいことずくめですよね。しかも、DAZNって外資じゃないですか。外国の投資で日本チームが強くなるとか超おいしい。これでヘンな政治的な動きとかも減るといいんですけどね(笑)。

ホリ ん? どういうこと?

ひろ 代表監督が突然辞めさせられましたよね。日本チームが強くなって、選手が言いたいことを言えるようになれば、そのへんの風通しが良くなるんではないかと。

ホリ 言っていることはわかるけど、これまでも発言力ある選手はいたと思うよ。

ひろ でも、個々の選手で意見を言う人はほとんど出てきてないような気が。野球だとちょこちょこ意見を言う人が出てくるじゃないすか。例えば、カブスのダルビッシュ有選手は日本のプロ野球界に依存しなくてもアメリカで十分食っていけるので、日本の野球について客観的なことが言えますよね。

ホリ ダルビッシュは「高校野球のスパルタは無意味」とか言ってるよね。

ひろ ええ。でも、日本サッカーの場合だと、協会に嫌われて好きにやっていける選手ってそんなに多くない気がするんですよ。今のところ本田圭佑選手ぐらいじゃないですか? 巨額の資金が入ることで日本サッカーのレベルが上がって、海外に行く日本人選手が増えたら、野球でいうダルビッシュ選手みたいに海外だけでやっていける選手も増えてくる。すると自由な意見が出るし、協会がヘンな政治をやりづらくなるんではないかと。

ホリ 監督人事に関してはいろんな噂が出ているからね。

ひろ 結局のところ、プロスポーツって観客ありきなので、観客の見えないところでヘンな政治とかが働くのって長期的に見ると良くないと思うんですよ。でも、選手が自由にものを言える状態なら、協会の情報統制も利かなくなって、ポロッと真相を言っちゃう選手とかも出てきちゃうんですよね。すると、観客やファンもスッキリするんでないかと。

★後編⇒日本はアジアのサッカーの中心になれる!とホリエモン×ひろゆき「Jリーグ初期のように大物外国人選手を獲りまくればいいのよ」

(構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル)

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)1972年10月29日生まれ、福岡県出身。旧ライブドア社長。SNS株式会社オーナー兼従業員。『10年後の仕事図鑑』(SBクリエイティブ)が好評発売中

●西村博之(にしむら・ひろゆき)1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著は『働き方 完全無双』(大和書房)