勢い、選手層の厚さを比べれば、川崎が有利なのは確かだと語るセルジオ越後氏

終盤戦に入ったJリーグで、残留争いが注目を集めている。

というのも、今季の残留争いは史上まれに見る大混戦。例年であれば、この時期に最下位になっているチームはもう絶望的な状況になっている。でも、今季は下位の各チームが粘り強く勝ち点を稼ぎ、どこが降格するかまったくわからない団子状態。最終節まで熾烈(しれつ)な戦いを楽しめそうだ。

でも、本来、何より注目すべきは優勝争い。マッチレースを繰り広げる広島と川崎の両チームは、もっとメディアに取り上げられるべきだと思う。個人的にも、ここまで結果を出している両チームをしっかりと評価したい。

開幕ダッシュに成功し、シーズン前半で貯金をつくった広島は、しっかり守ってカウンター狙いというサッカー。両サイドからシンプルに放り込み、エースのパトリックが決める。各選手の役割がハッキリしているし、パトリックの決定力の高さは見事としか言いようがない。

ただ、ここにきて対戦相手もパトリックさえ潰せばなんとかなると対策を練ってくるようになって、苦労している。勝ち切れない試合が増えてきた。今後は周囲の選手の奮起が必要になってくるだろう。

一方、昨季王者の川崎は上り調子。シーズン前半はケガ人が多く、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)との両立に苦しんだ。でも、W杯中断期間明け以降は昨季同様の強くて魅力的なサッカーを見せている。

エースの小林を中心に2列目、さらにセットプレーと、いろいろな形で点が取れる。(中村)憲剛、大島という新旧の日本代表MFが試合をコントロールし、家長もいいアクセントになっている。また、大卒ルーキーの守田が日本代表に選出されるなど新戦力も台頭。攻撃のバリエーション、破壊力は間違いなく広島より上だ。

川崎といえば、面白いサッカーをしているけど大事なところで勝てない、準優勝ばかり、というイメージもあった。でも、昨季のリーグ初優勝でひと皮むけたように感じる。もう一度あの喜びを味わいたい。そんな主力選手の気持ちが、川崎をさらに強くしているんじゃないかな。

鬼木監督についても、どうしても「チームの土台は風間前監督(現名古屋監督)がつくった」という評価がついて回るけど、若い選手を積極的に起用し、世代交代も意識しながら優勝を争っている手腕はもっと評価されてもいいと思う。

いきおい、選手層の厚さを比べれば、川崎が有利なのは確か。2012、13年の広島以来となるリーグ連覇も見てみたい。ただ、広島にも「カープだけじゃないぞ」というところを見せてほしい気持ちもある。両チームには最後まで盛り上げてほしいね。

また、この両チーム以外では鹿島の健闘にも触れておきたい。シーズン前半は思うような結果を残せなかったけど、現在、ACL、ルヴァン杯とベスト4まで勝ち残り、ここにきてリーグ戦の順位もドンドン上げてきている。ロシアW杯後に植田、金崎が移籍し、昌子もケガで長期離脱。そんななかでも、しっかり結果を出しているのは、さすがJリーグの名門だよ。

今後は過密日程が続き、苦しいのは間違いない。でも、ACLではJリーグの代表として優勝を目指して頑張ってほしい。

★『セルジオ越後の一蹴両断!』は毎週木曜日更新!★

serial_sergio.jpg