遠藤航のリーダシップについて語った宮澤ミシェル
サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第237回。

現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したことや、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。

今回のテーマは、遠藤航のリーダシップについて。吉田麻也と冨安健洋を欠いた中で、サウジアラビア代表との大一番を迎える日本代表。その中で、キャプテンを務める遠藤航のリーダーシップに宮澤ミシェルは注目しているという。

*****

さあ、今夜は日本代表にとっての大一番だよ。ワクワクする一方、心配な部分もあってさ。こんなに緊張して日本代表のW杯アジア最終予選を見守るのは、いつ以来だって感じだよな。

まあ、去年のオーストラリア戦も試合前はこんな気持ちだったんだけど(笑)。とにかく、グループ首位のサウジアラビア代表にアウェーで敗れた借りをしっかり返しましょうよ。

日本代表は再開したW杯アジア最終予選では、1月27日に中国代表と対戦して2-0で勝利。真剣勝負は結果がすべてだし、勝ち点3を手にできたのは素晴らしいこと。それは間違いないんだけど、今日のサウジアラビア戦のことを考えると、中国代表にはもう少し歯応えのある相手であってほしかったね。

中国代表はもっと危険なチームだと警戒していたんだ。11月シリーズでオマーン代表、オーストラリア代表と2試合続けて1-1の引き分けに持ち込んでいたからね。だけど、買いかぶりだったよね。12月の監督交代の影響なのか、9月に対戦したときと同じで日本代表をリスペクトし過ぎたのかはわからないけど、いいところがほとんどなかった。

本来は、守備の大黒柱の吉田麻也と冨安健洋を欠く日本代表のDF陣が慌てふためく攻撃を2、3度はつくってもらいたかったよね。それはグループ最大の強敵のサウジアラビア戦に向けて、練習だけでは炙り出せない連携面での課題を見つけたかったからなんだ。

でも、中国代表が攻め込んでくるシーンはほとんどなくてさ。板倉滉と谷口彰悟の代替CBコンビにとっては、サウジアラビア戦の予行演習にもならなかったと思うよ。

もちろんサウジアラビア戦の日本代表キーマンはそのCBコンビになると思うんだけど、私が注目しているのは遠藤航だね。キャプテンマークを巻く遠藤が、代表経験の浅いCBコンビをどうサポートしていくのか。それいかんで守備の安定度は変わると思っているんだ。

吉田麻也に代わって初めてキャプテンマークを巻いた中国戦での遠藤は、背中でチームメイトを引っ張ったよね。まあ、試合内容が日本代表の一方的な展開になったこともあって、遠藤が大声を発する必要性もなかったから、自分のプレーに専念すればよかった。

だけど、今日のサウジアラビア戦は、そうはいかない可能性が高い。相手に押し込まれたり、カウンターを何度か受けたりするようなら、中盤の底でチーム全体を見渡せる遠藤航が、声でもしっかり味方をコントロールしないといけないよな。

そのためには、まずはインサイドハーフで先発が予想される田中碧と守田英正、CBの板倉と谷口という遠藤の前列と後列にいる選手たちとコミュニケーションを綿密に取って、状況に応じて味方を最適な位置に立たせていくことだよな。

ピッチサイドに森保(一)監督が立って指示を出すけど、その指示を待っていたら手遅れになるケースだってあるのがサッカー。現場でプレーしている選手たちが瞬時に判断して、対応しなければいけないんだけど、代表経験の浅い選手は監督の指示待ちになりがち。そういう時に遠藤がしっかり判断して、まわりに指示を与えてチームを動かすことが必要になるんだよ。

遠藤が相手のボールホルダーを潰しに行く自分のプレーに専念するだけではなく、こうした味方へのコーチングの仕事もするのは、言葉にすると簡単に感じるけど、実際にやるとなると相当難しいことだよ。

ただ、日本代表では長谷部誠がそれをしっかりやっていたよね。いつも味方にコーチングするために大声を発していたでしょ。あれが遠藤にも求められるし、遠藤はそれができる選手だと思っているから期待しているんだ。

ユース年代からリーダーシップに定評があって、リオ五輪代表では主将をつとめた。シュツットガルトでもキャプテンマークを巻いているでしょ。性格的な部分でも年齢よりも落ち着いているからね。日本代表の歴代主将のなかで1、2という高評価を受ける長谷部を超えられるリーダーシップの資質があるという声もあるくらいだから、遠藤にはこれを機に日本代表キャプテンに相応しい存在になっていってもらいたいんだよね。

とはいっても、今日のサウジアラビア戦の理想を言えば、遠藤が目立たない展開が日本代表にとってはベストなんだけどな。だって、サウジアラビア代表は今日の試合に勝てばグループ2位以内が確定するんだぜ。ホームスタジアムでライバルチームが歓喜する。そんな屈辱的な光景は見たくないからね。日本代表の攻撃陣が縦横無尽に躍動して大量得点でスカッとさせてもらいたいよ。いずれにしろ今日も精一杯の応援して日本代表の勝利を一緒に後押ししましょう!

★『宮澤ミシェル フットボールグルマン』は毎週火曜日更新!★