チャンピオンズリーグについて語った宮澤ミシェル
サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第239回。

現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したことや、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。

今回のテーマは、チャンピオンズリーグについて。2月16日よりチャンピオンズリーグの決勝トーナメントがいよいよスタート。宮澤ミシェルが注目するポイントとは?

*****

活発な動きのあった今冬の移籍市場だけど、ユヴェントスは大枚をはたいた甲斐があったんじゃないか。

ドゥシャン・ヴラホヴィッチをフィオレンティーナから7500万ユーロ(約97億円)の移籍金で獲得。年俸900万ユーロ(約9億円)の4年半契約らしいけど、フィオレンティーナで今季24試合で20ゴールを決めて、セリエAの得点ランク1位の決定力を手にできたのだから仕方ない出費だよな。

今季のユヴェントスは深刻な得点力不足でさ。昨夏にクリスティアーノ・ロナウドを放出し、フェデリコ・キエーザも故障でシーズン中の復帰が難しい状況なんだよ。前半戦はチーム全体で34得点しか奪えていないんだから、22歳のセルビア代表ストライカーの獲得に必死になったのも納得だよな。

まあ、低調な攻撃力でセリエAの4位につけていたのもすごいんだけどね。まだリーグ優勝の可能性も残っているし、なによりチャンピオンズリーグの決勝ラウンドが控えているから、大型補強がまとまったことで期待値も高まったよ。

ヴラホヴィッチはユヴェントス合流初戦のヴェローナ戦で早速ゴールを決めたけど、背番号7のユニフォームがしっくりきてるんだよ。昨年までC・ロナウドが着けていた番号だけど、そのイメージを完全に塗り替える活躍をここから見せてくれるんじゃないかな。

彼の加入でアルゼンチン代表FWのパウロ・ディバラへの負担も減るだろうから、得点力不足は解消される気がするな。あとはアルバロ・モラタの調子が上向いてくれば、CLでもおもしろい存在になるんじゃないかと思っているんだ。

そのCLの決勝トーナメント1回戦が、2月16日から始まるけど、ベスト16の中にバルセロナの名前がないのはやっぱり寂しいよな。ただ、それも時代の流れだからね。

いきなりパリSG対レアル・マドリードが激突でしょ。PSGが有利と見られてるけど、今季のレアル・マドリードはまとまりの高いチームに仕上がってるから、一筋縄の結果にはならないんじゃないかって見ているよ。

ユヴェントスは2月23日にビジャレアルと1stレグを戦う。ネームバリューならユヴェントスだけど、ビジャ・レアルのウナイ・エメリ監督のつくるチームは、小粒だけどタフな戦いができるから手を焼くんじゃないか。

それでもユヴェントスは、ヴラホヴィッチが躍動したら勝ち上がれる気がするね。そうしたら、ベスト4までは勝ち上がってもらいたい。

イタリア勢が決勝に進んだのは、2010年代だと2014-15シーズン、2016-17シーズンのユヴェントスだけ。優勝となると2009-2010のインテルが最後。ユヴェントスの復活を見たいところだけど、さすがに決勝進出はプレミア勢の状態を考えると厳しいと思うんだ。

プレミア勢の決勝トーナメント1回戦は、昨季王者のチェルシーがフランスのリールと、今季もプレミアリーグで首位を快走する昨季準優勝のマンチェスター・シティがポルトガルのスポルティングと対戦する。この2チームは波乱はないと思うな。

2018-19シーズンのCL王者のリヴァプールはリーグ戦2位につけているけど、CLでの対戦相手はセリエAで首位のインテル。リヴァプールはアフリカ選手権を戦っていたモハメド・サラーとサディオ・マネのコンディション次第では苦戦するかもしれないよな。

マンチェスター・ユナイテッドはチーム内がゴタゴタしていたから、その影響がどう出るかだよな。ただ、対戦相手のアトレティコ・マドリードもパッとしないんだよ。ディエゴ・シメオネ監督がルイス・スアレスの起用にこだわったのが裏目に出ているんだよね。アンヘル・コレアが調子よかっただけに、スパッと切り替えていたらチーム状態はまるで違っていたと思うんだけどさ。

プレミア勢が優位だと思うけれど、下駄を履くまでわからないのが勝負だからね。CLの趨勢はスペインからプレミアに移ったけど、昨年のEURO優勝国はイタリア代表だったわけだから、CLでもイタリア勢が盛り返してきたとしても不思議はないよ。

ミランとアタランタはグループステージで敗退したけど、勝ち残っているユヴェントスとインテルがどう戦っていくのか。そこをしっかり見ていきたいね。それにヴラホヴィッチのセルビア代表はW杯カタール大会の出場を決めている。11月に日本代表と対戦する可能性もあるから、しっかりチェックしたいね。