今季の王者、クボタスピアーズのルーキーWTB木田。スピードはもちろん、子供の頃に極真空手で鍛えたフィジカルとメンタルの強さも武器今季の王者、クボタスピアーズのルーキーWTB木田。スピードはもちろん、子供の頃に極真空手で鍛えたフィジカルとメンタルの強さも武器

5月20日、「NTTジャパンラグビー リーグワン」の2季目の決勝が行なわれた。強力FWを擁し、リーグ屈指の攻撃力を誇るクボタスピアーズ船橋・東京ベイ(リーグ戦2位)が、トップリーグ時代からの3連覇を狙った堅守の埼玉ワイルドナイツ(リーグ戦1位)を17‐15で下し、初優勝に輝いた。

そして今年はラグビーワールドカップ(W杯)イヤーであり、フランスで9月8日(現地時間)に開幕するため、残りは約100日。日本代表&候補選手は6月12日から合宿を開始し、急ピッチで強化を進めていく。

そんな中、前回大会の後にブーツを脱ぎ、医師を目指す福岡堅樹さんの〝後釜〟として期待されるトライゲッターのひとりが、スピアーズのルーキーWTB木田晴斗(立命館大学出身)だ。

リーグ戦で全体2位の16トライ、プレーオフ決勝でもトライを奪ってチームの優勝に貢献。新人賞は逃したが、「ベストラインブレイカー」と「ベスト15」の2冠を獲得した、売り出し中の24歳のランナーだ。

木田のウリは、極真空手で鍛えたフィジカルと強気のメンタル。中学2年生まではラグビーと並行して空手をやっており、小学校4年時には世界ジュニア王者にも輝いた(1学年上の部門王者は那須川天心!)。

そこで培われた体幹の強さなどは、ラグビーでも十二分に生かされているという。また、日本代表では数少ない左足キッカーという点も有利に働くだろう。

大学時代から「海外でプレーしてみたい」というプロ志向で、昨春、スピアーズの新人としては異例のプロ選手として入団した。

そして今季の開幕直後、「圧倒するパフォーマンスを出せれば、日本代表に必然的に選ばれる」と明言し、見事に有言実行。さらに決勝後も、「W杯に出たいので合宿でアピールしたい!」と意気込んだ。

トヨタヴェルブリッツ4季目の髙橋は、リーグでキャリアハイの10トライ。神戸製鋼で活躍した父・晃仁と同じWTBでW杯出場を目指すトヨタヴェルブリッツ4季目の髙橋は、リーグでキャリアハイの10トライ。神戸製鋼で活躍した父・晃仁と同じWTBでW杯出場を目指す

もうひとり、〝ポスト福岡〟として耳目を集めているのが26歳のWTB髙橋汰地(トヨタヴェルブリッツ)。チームは6位でプレーオフに出場できなかったが、髙橋は4季目の今季、キャリアハイの10トライを重ねて好調をキープ。スピードで勝負する、決定力の高いランナーだ。

兵庫県出身の髙橋は、伏見工業高→神戸製鋼で活躍した名WTB、髙橋晃仁を父に持つ。常翔学園(大阪)時代はまだ線が細かったが、明治大でフィジカルを鍛えてその才能を開花させ、22年ぶりの大学選手権優勝に貢献した。

ジェイミー・ジョセフHCも「福岡とは違うタイプだが『Xファクター』になりうる」と高く評価。2021年に日本代表入りし、昨年7月には地元・豊田でのフランス代表戦で初キャップを獲得した。持ち前の決定力を武器に、W杯への道を切り開きたい。

さらに、FBでもプレー可能で3度目のW杯出場が濃厚な松島幸太朗(東京サンゴリアス)、フィジカルが武器で花園ライナーズではCTBでプレーするシオサイア・フィフィタ、ひとりでもトライを獲(と)りきれるジョネ・ナイカブラ(ブレイブルーパス東京)らがおり、切磋琢磨(せっさたくま)しながらWTBの狭き門を争う。

ブレイブルーパス東京のリーチは、股関節のケガも治って絶好調。34歳ながら躍動し、4度目のW杯出場に向けて視界は良好だブレイブルーパス東京のリーチは、股関節のケガも治って絶好調。34歳ながら躍動し、4度目のW杯出場に向けて視界は良好だ

ほかに、ポジション争いが激しいのはバックロー(FL/NO8の総称)。今季のボールキャリー回数(196回)でトップに立つなど絶好調だったのが、4度目のW杯出場を狙うリーチ マイケル(ブレイブルーパス東京)だ。

実は、リーチは19年春に負傷した股関節が原因で、前回のW杯以後もなかなか調子が上がらなかった。しかし北九州の名医の下で治療したそうで、昨秋には「完璧に治った!」と断言していた。その後は日本代表戦だけでなく、リーグワンでもボールキャリー、タックルと獅子奮迅の活躍を見せた。

34歳で迎えるW杯に向けては、「毎回毎回、W杯はスペシャル。年を取ったからといって最後と言わない、本当にベストを尽くしたい」と腕を撫(ぶ)している。

前回のW杯で「ジャッカル」が話題になった、トヨタヴェルブリッツのFL姫野。NZでの経験を経て、メンタルも成長して頼もしさがアップ前回のW杯で「ジャッカル」が話題になった、トヨタヴェルブリッツのFL姫野。NZでの経験を経て、メンタルも成長して頼もしさがアップ

リーチだけでなく、今大会も中軸として活躍が期待されているのはFL姫野和樹(トヨタヴェルブリッツ)。19年のW杯で相手からボールを奪う「ジャッカル」の名手として一躍有名に。最近はYouTubeのゲーム実況などでファンと交流するなど、28歳らしい一面も持ち合わせる。

常々、「ラグビーを日本の文化にしたい」と話す姫野は、21年に単身でニュージーランド(NZ)に渡り、ハイランダーズで1シーズン過ごした。

結果は新人賞を獲得し、「自分にプレッシャーをかけたりして、パフォーマンスが維持できなかったが、NZに行ってから圧倒的にメンタリティが軽くなった」と笑顔で話した。

そのほか、東京サンゴリアスの下川甲嗣も、ピーター・ラブスカフニやファウルア・マキシ(共にスピアーズ船橋・東京ベイ)、テビタ・タタフ(東京サンゴリアス)といった外国人選手が多いバックローで、若手の注目株として存在感を示している。

福岡の修猷館高時代は全国の舞台には立てなかったが、早稲田大でLOとして台頭。接点で働き続ける〝黒子役〟として、3年時には大学選手権優勝に貢献した。社員選手としてサントリーに入社し、FLに転向すると、10日余りで試合に出場してトライを挙げるなど、すぐに活躍した。

昨季は攻守にわたって運動量豊富なプレーを見せ、「ボールキャリーとしてゲインし、接点で繰り返し同じクオリティでプレーできる」と高評価されて日本代表入り。そして昨年10月のオールブラックス戦で初キャップを得た。リーチ、姫野をお手本にしつつ、24歳でのW杯出場をうかがっている。

W杯に登録できる選手は前回大会から2人増えて33名となった。7、8月に国内で5試合が予定されているが、最後まで熾烈(しれつ)なポジション争いは続く。