ネッツでプレーした前シーズン、シーズン途中でサンズに移籍するデュラント(左)と信頼関係を築いた渡邊ネッツでプレーした前シーズン、シーズン途中でサンズに移籍するデュラント(左)と信頼関係を築いた渡邊

無保証の契約からNBAの舞台で這い上がってきた渡邊雄太も、一定の達成感を感じていたのだろう。7月9日、リモート会見で見せた表情は晴れやかだった。

「来季からフェニックス・サンズの一員として活動することになりました。来季に関しても楽しみにしていますし、(日本代表の一員として出場する)W杯も精神的に万全の状態で臨めるかなと思っているので、無事に契約が決まってよかったです。これから新しい挑戦が始まるので、頑張っていかなければいけないという思いです」

渡邊とサンズの契約が合意した、と伝えられたのは6月30日(日本時間7月1日)。今季のフリーエージェント(FA)選手の交渉が解禁された直後だった。

米メディアによって報じられた契約内容は、2年500万ドル(約7億2000万円/2年目は契約を継続するかFAになるかを渡邊自身が選択できる「プレーヤーオプション」付き)と必ずしも高額ではない条件だったが、この早期決着は渡邊がロールプレーヤー(補助的な役割を果たす選手)としては異例の〝人気商品〟になっていたことを物語る。

「うれしいことに、本当にたくさんのチームから話をいただきましたが、その中でもサンズ側に熱量があったのと、昨季一緒にプレーしたKD(ケビン・デュラント)がいたこともあって、決断自体にはそれほど時間はかかりませんでした。サンズは行きたいチームのひとつだったので、ありがたい気持ちでいっぱいです」

実際に渡邊には、10チーム以上から声がかかる争奪戦が起こっていたという。

昨季、ブルックリン・ネッツでプレーした渡邊はプレータイム、得点などで自己最高を記録し、NBA5年目にしてベストのシーズンを過ごした。

特に3ポイントシュート(3P)は、シーズン中に一時は成功率でリーグのトップに立ったほどで、最終的にも3P成功率44%という高い数字を残した。おかげで、シーズン前半はデュラント、カイリー・アービングといったスーパースターからも信頼を勝ち取った。

デュラントらが放出されたシーズン後半、同ポジションの選手が激増したこともあって、渡邊のプレー機会は激減した。

それでも、その貢献度は多くのチームの目に留まったのだろう。渡邊自身も「ブルックリンでの時間は自分のキャリアを左右した1年だったと思っています」と振り返ったが、確かにネッツでの働きによって渡邊のNBAキャリアは変わったのだ。

8月25日に開幕するバスケットボールW杯では、出場を辞退した八村が不在の日本代表の主力として活躍が期待される8月25日に開幕するバスケットボールW杯では、出場を辞退した八村が不在の日本代表の主力として活躍が期待される

バスケットボールファンならご存じのとおり、サンズは2004年、田臥勇太が日本人初のNBA選手としてデビューしたチームである。以降もサンズは日本人選手に興味を示しており、1年前にも渡邊との契約を目指して動いていた。そんな経緯から、渡邊獲得の本命に挙げられていたチームだった。

チーム上層部の熱意に加え、今のサンズには前述どおり、ネッツで一緒にプレーしたデュラントが属していたのも大きかっただろう。

「(デュラントから)連絡があったことで、僕も(自身の新契約が)ニュースになっていることを知った感じです。彼は『また雄太と一緒にプレーできるのがすごく楽しみだ』と言ってくれました。本当にありがたいと思っています。僕自身も去年、KDとプレーしてすごく楽しかったので、また同じように楽しい時間を過ごせたらと思っています」

オールスター選出13度、ファイナルMVP2度、得点王4度という輝かしい実績を残してきたデュラントは、実は学生時代から渡邊の憧れの選手だった。そのスーパースターと昨季にチームメイトになり、ふたりの間にはケミストリーが生まれた。

生粋のスコアラーであるデュラント、ハッスルプレーが得意な渡邊のプレースタイルは最高にハマっていただけに、デュラントの「また一緒にプレーできるのが楽しみ」という言葉はお世辞ではなかったはずだ。

サンズは新シーズンに向けて、得点能力が高いビールをウィザーズからトレードで獲得。渡邊にはスター選手たちのサポート役が求められるサンズは新シーズンに向けて、得点能力が高いビールをウィザーズからトレードで獲得。渡邊にはスター選手たちのサポート役が求められる

サンズでの渡邊の役割は、デュラントをはじめとする主力たちのサポート役。一昨年にファイナルにも進んだサンズは、今オフにトレードで、ワシントン・ウィザーズからブラッドリー・ビールを獲得。デュラント、デビン・ブッカー、ビールという新たなビッグ3を形成し、来季は本気で優勝を狙う。

スーパースターたちとの相性の良さが指摘されてきた渡邊には、やりがいのある職場だろう。ハッスルプレーとディフェンス、昨季に大きく成長した3Pでどれだけチームを助けられるかが見どころになる。

「チームとしては優勝だけを狙ってやっていく。その分、大変なこともいろいろあると思います。

ただ、NBAに入ったときはツーウェイ契約(基本はマイナーリーグ所属で、NBAにも日数限定で出場できる契約)で、『本契約を結ぶ』ことと『優勝』が大きな目標だったので、そのチャンスがあるチームにいられるのはすごくありがたいですね。ただそこにいるだけではなくて、戦力として優勝に貢献できるようになりたいです」

カレッジ時代から常に勝利にこだわってきた渡邊は、ついにNBAで優勝が狙えるチームに属したことになる。〝パワーハウス〟と呼ばれるべきスター軍団の中で、どれだけ自身の持ち味を発揮できるのか。長いシーズンを戦う中で、自らの役割を確固たるものにできるのかが試されることになる。

同じウェスタンカンファレンス西地区で、やはり優勝を狙う八村 塁(ロサンゼルス・レイカーズ)との絡みも楽しみだ。ドラフト外で入団し、長い長い階段を上ってきた渡邊。NBA6年目となるシーズンは、これまでで最も熱く、最もエキサイティングな1年になることは間違いない。