“投げ銭”をやらないニコ動。いろんなことが後手後手になっている?

ログイン無しで再生できるようになった「ニコニコ動画」。だが、有料会員の減少は止まらないという。

『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が、ニコ動のこれからを考える!

* * *

ホリ 「ニコニコ動画」の調子が悪いみたいで、有料会員の減少が止まらないどころか、加速しているらしいね。

ひろ ニコ動は、主にPCで見られていましたけど、今はユーザーの需要的にスマホがメインですからね。

ホリ 最近、ログインなしでも動画を再生できるようになったけど、それでも後手後手になってる感は否めないよね。

ひろ ニコ動の視聴者は「YouTube」にたくさん流れているわけですから、「ニコ動でしか見られないもの」がないとYouTubeには勝てないんですよね。ログインの有無の問題より、そのサイトを見たい理由をいかに作るかのほうが大事だと思います。

ホリ そうそう。

ひろ んで、将棋とか大相撲もネット中継はニコ動が先に始めたんですが、今は「AbemaTV」に持っていかれちゃってますよね。

ホリ アベマは、今年の大相撲全6場所を序ノ口から、結びの一番まで無料生中継するらしいね。

ひろ 昔はニコ動しか目をつけていないものがたくさんあったんですけど、今はそれがあまりない。

ホリ あとユーザーの高齢化がけっこう進んでいるのも否めないよね。

ひろ はい。ただ、ニコ動には「動画を作る人」と「生放送をする人」の2種類のクリエイターがいるんですが、動画は圧倒的にYouTubeが強い。でも、生放送はまだニコ動が国内でトップレベルなんですよ。

ホリ その視点は新しいね。

社員たちが川上さんに逆らえない状況は変わってないのかも

ひろ 肌感覚ではありますけど。だから、まだユーザー生放送の分野とチャンネル課金の分野では業界トップを維持できる可能性がある。事実、チャンネル課金は右肩上がりみたいですし。

ホリ なるほどね。

ひろ 逆にユーザー生放送とチャンネル課金が落ちぶれちゃうと、FC2みたいにいろんなサービスをやっているけど、どれもパッとしない会社になっちゃう可能性もあります。

ホリ うん。

ひろ あと、ほかのサービスは生放送しているユーザーに“投げ銭”サービスが使えるので、クリエイターがそっちに流れちゃってるんですよね。

ホリ てか、なんでニコ動は投げ銭をやらないんだろう?

ひろ 投げ銭は川上さん(ニコニコ動画を運営するドワンゴ創業者の川上量生[のぶお]氏)が反対してましたからね。僕の予想ですけど、社員たちが川上さんに逆らえない状況というのはまだ変わってないのかも。

ホリ でも、反対する理由がわかんないな。

ひろ 昔は法律的な理由だったみたいですが、今はほかのサイトが普通にやってますからね。まあ、やらない理由を作るのは簡単ですから。あと、昨年の動画のバージョンアップのときもユーザーが本当に求めている機能じゃない新機能を搭載して大ひんしゅくを買ったじゃないですか。そんなわけで、いろんなことが後手後手になっちゃってますよね。

ホリ ホント典型的なダメパターンだよな。

ひろ そのことを自覚してないわけじゃないと思うんですよ。

★後編⇒ホリエモン×ひろゆきがニコ動の不調に物申す!「川上さん的には、ニコ動に飽きちゃってそう」

(構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル)

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)1972年10月29日生まれ、福岡県出身。旧ライブドア社長。SNS株式会社オーナー兼従業員。『やっぱりヘンだよね』(集英社)が好評発売中

●西村博之(にしむら・ひろゆき)1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著は『無敵の思考―誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21』(大和書房)