楽天が参入しても、最終的に4社が均衡して25%のシェアを持ったところで料金も均衡する?

大手キャリアに比べ、リーズナブルな料金が魅力のMVNO(仮想移動体通信事業者)。

『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏は、前編に続き、割高の大手キャリアを使い続ける人が多い理由を考察する。

* * *

ひろ スマホに話を戻すと、スマホってアクセサリーとしての要素もあると思うんですよね。

ホリ っていうと?

ひろ ファッションの意味のアクセサリーっすね。例えばiPhone Xを持っていたらドヤ顔できるみたいな。ってことで、ファッションのために割賦というローンをしてでも最新のiPhoneを買おうとするのは、ひとつの考え方かもです。

ホリ なるほどね。トータルで高くつくけどファッションだからいいと。しかも大手キャリアだと今までは実質無料で使えていたテザリングが有料になるってニュースもあるから、余計に高くなる。

ひろ 大手キャリア3社が横並びになっていて、価格競争が起きるどころか寡占している感じですからね。でも、そもそもテザリングを使っている人ってどれくらいいるんですかね…?

ホリ 基本的にはPCを使う人がメインだろうけどね。

ひろ そうなんですよね。テザリングを使うのはノートパソコンを持っている人とか、一部のネトゲ民や仕事で使う人くらいの気がします。普通の人はスマホだけで、用が足せちゃいますから。

ホリ 俺もノートパソコンは持っているけど、ほとんど使っていない。仕事もほとんどがスマホでできる。

ひろ まあ、ガッツリ原稿を書くとかじゃなければ、スマホだけでなんとかなっちゃいますよね。デザイナーとかエンジニアみたいな仕事は別ですけど。

ホリ そだね。まあ簡単なクリエイティブだったらiPhoneのフォトレタッチアプリでも十分なレベルだけど。

楽天が参入しても…

ひろ そうなると今後は今まで以上にスマホの存在感が増していくわけですけど、現段階でキャリアに高い月額料金や使ってもいないテザリング料金を払っている人は今後も払い続けそうな感じですよね。何もおかしいと思わずに。

ホリ 携帯キャリア事業への新規参入が正式に認められた楽天が価格競争を仕掛けるっていう話もあるけど、iモードの立役者である夏野剛(たけし)さんの理論だと、最終的に4社が均衡して25%のシェアを持ったところで料金も均衡するわけだからね。

ひろ 楽天も安値で参入してそれなりのシェアを取ったら、その時点で料金を他社並みに引き上げそうな気はしますよね。そもそもソフトバンクだって最初は価格競争を仕掛けていたわけですし、いつもの業界なれ合いコースに終わるんじゃないかと…。

ホリ 結局、高いお金を払う人が、まだまだ多くい続けるってことね。

(構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル)

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)1972年10月29日生まれ、福岡県出身。旧ライブドア社長。SNS株式会社オーナー兼従業員。『やっぱりヘンだよね』(集英社)が好評発売中

●西村博之(にしむら・ひろゆき)1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著は『働き方 完全無双』(大和書房)