「画面を伏せておくとバッテリーの持ちがよくなります。付き合っている彼女に『やましいことでもあるの?』と言われても『節電してるんだ』と正当化できます(笑)」と語るかじがや卓哉氏

『iPhone芸人かじがや卓哉のもっとスゴいiPhone』の著者、かじがや卓哉氏は吉本興業に所属する芸歴11年目のピン芸人。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「iPhoneついていけない芸人」で指南役として毎回出演しているあの芸人、といえばピンとくる人も多いだろう。

2008年に日本で初めて発売されたiPhone 3Gから愛用し続ける、iPhone芸人のかじがや氏に、必ず役立つ便利なテクニックを教えてもらった。

* * *

──かじがやさんは18歳から税理士を目指し、7年かかってやっと税理士免許を取得したと聞きました。それなのに、なぜ芸人になったんですか?

かじがや 当時は資格を取るために猛勉強に励もうと、友達からの誘いをすべて断ってたんです。そしたら誰にも誘われなくなって、気づいたら友達がいなくなって......。それだったら、「友達がいない税理士」よりも「友達がいる芸人」のほうが楽しそうだなと思ったんです。

──急に芸人という選択肢が現れましたね(笑)。iPhoneと出会ったのはいつですか?

かじがや 僕が吉本の養成所に在籍していた2008年に初めて日本でiPhoneが発売されました。だからiPhone 3Gと僕はデビューした時期がすごく近いんですよ(笑)。

──iPhone芸人といわれているだけに縁を感じますね。そもそもiPhoneに替えた理由は?

かじがや iPodを持っていたんですが、携帯と2個持ちなのがめんどくさくてひとつにまとめられるiPhoneに替えようと思ったんです。当時のiPhoneってメールがタイムリーに届かなかったんです。

最短で15分に1回、iPhoneがセンターに問い合わせをするシステムだったので、すぐにメールを見ても15分前のメールだったりしたんですよね。

──かじがやさんがiPhoneに詳しいという噂が広まったのはいつ頃ですか?

かじがや iPhone 3Gの発売から2年後、iPhone 4が発売されたぐらいですね。その頃から先輩芸人で使い始める人がちらほら増え始めたんです。僕は初代から使っていたので、いろいろと相談に乗っているうちに評判になり、そこから徐々に口コミが広まりました。

藤本敏史さんと木下優樹菜さん夫妻のiPhoneの写真が消えちゃったときには復元させましたね。消えた写真の中に娘さんの写真があって、それが復元できたので娘さんとの写真集を発売できたそうです。

──それは大仕事をしましたね。今や相談者が吉本以外にも広がっているんですよね?

かじがや 大手芸能事務所の社長クラスの方から依頼がありましたね。その方はいくら再起動してもiPhoneが開かなくなってしまい、アップル社に持っていったそうなんです。そこでスタッフ3人がかりで直そうとしたけど無理だった、と。それで僕にご指名がかかったんです。

いざ出向いたら、めちゃくちゃ立派な応接室に通されまして......。テーブルにイチゴが置いてあって勧められたので食べたら、今まで食べたことのないような甘い高級なイチゴでした(笑)。結局、その方のiPhoneを僕のパソコンにつないで作業したら、たまたま直ったんですよ。

──すごい、アップルの人が3人がかりで直らなかったのに!

かじがや あとは和田アキ子さんの相談にも乗りましたね。アッコさんに「先生、私、LINEを始めたいんですけど」って言われて......。

──アッコさんに先生って呼ばれてますやん!(笑)

かじがや そうなんですよ(笑)。それで僕がアカウントを立ち上げて、試しにアッコさんがアッコファミリーの方々にLINEを送ったんですよ。そのときに「ここに『既読』という文字が出たら、相手が読んだということです」と教えたので、アッコファミリーの方は気をつけてください(笑)。

──これは既読スルーをしたら大変なことになりますね......。読者の方にも便利な機能を教えてもらえないですか?

かじがや 文章入力が苦手な方には音声入力が便利だと思います。文字入力する際に画面左下にマイクのマークが表示されるので、それをタップしてしゃべれば文字が入力されるんです。この機能にはアッコさんも「これは早いわ」って喜んでくれました。あとLINEのQRコードを出すときに戸惑うことはないですか?

──あります。特に女性と交換するときにQRコードがすぐに出てこなかったら焦ります。

かじがや そんなときはLINEのアイコンを3D Touch(長押し)してみてください。「QRコードリーダー」というのが出てくるので、そこをタップして「マイQRコード」をタップすればいいんです。

──うわ! これはめちゃくちゃ早いしわかりやすい。ほかに使える機能はないですか?

かじがや iPhoneの画面を伏せておくとバッテリーの持ちがよくなります。画面を伏せると当然ユーザーは画面を見ないので、もしメールが来てもバイブは反応しますが画面は光りません。だから節電につながるんです。

例えば、付き合っている彼女に、「なんでいつも携帯の画面を伏せてるの? 見られてやましいことでもあるの?」って言われても、「違うよ。節電してるんだよ」と正当化できるんです(笑)。

──それは一石二鳥ですね(笑)。最新機種をいち早く手に入れるコツはありますか?

かじがや ここ最近の傾向だと、iPhoneの新機種が発表されてから2日後の午後4時1分から予約が開始されるんですよ。だから、その日の午後4時から30分間は予定をあけておいてください。予約さえできれば、必ず発売日に最新機種が手に入ります。

──予約したら発売当日に手に入るんですか? よくニュースで店舗に並んでる人たちを見かけますけど、あの人たちはなんのために並んでるんですか?

かじがや あれは目立ちたいだけです(笑)。予約すれば並ばずに買えますから。

──今後iPhone関連でやってみたいことはなんですか?

かじがや アップル社長のティム・クックに会いたいです。皆さんから聞いた悩みを僕が代表して伝えたいですね~。それで僕が社長にハマって、制作サイドに関われたら最高ですけど(笑)。

●かじがや卓哉(たくや)
1982年生まれ、神奈川県出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のタレント。iPhone芸人。iPhoneユーチューバー。家電芸人。家電製品総合アドバイザー資格所有。iPhone登場直後から使いこなし、iPhone 6購入のためApple Store銀座に10日間並んだ無類のiPhone好き。いつしかiPhoneに関する質問や相談を受けるようになり、今では業界内外を問わず年間1000件以上の相談に乗る。『アメトーーク!』など番組出演多数。日本税理士会連合会に登録されている税理士でもある

■『iPhone芸人かじがや卓哉のもっとスゴいiPhone』
(インプレス 1380円+税)
日本初上陸のiPhone 3Gから使い続け、究極のiPhoneマスターとなったお笑い芸人のかじがや卓哉氏。いつしか吉本興業の先輩芸人からiPhoneの相談を受け始め、徐々に評判を呼ぶようになった。現在では他事務所の大物タレントである和田アキ子から「先生」と呼ばれるなど、各方面で活躍中。本書はこれまで蓄積した豊富な知識、さらに年間1000件以上の相談から得た情報をもとに、今すぐ役立つiPhoneテクニックを凝縮した一冊だ

★『“本”人襲撃!』は毎週火曜日更新!★
serial_shugeki.jpg