世界的に大ヒット中のモデルが日本上陸!

スマートウオッチといえば「Apple Watch」が大定番ですが、最新の「シリーズ4」だと、4万5800円+税~とけっこうなお値段に!!

買っても使う機能は各種通知ばかりで、お値段以上に使いこなせない問題も発生。そこでオススメなのが機能を絞って格安な、この2台。どちらもiOS、Android端末にブルートゥース接続でき、専用のアプリも両OSに対応。

着信やLINEなどの通知、消費カロリーの管理機能もあり。スマートウオッチの入門用にも最適かと!

★格安スマートウオッチの世界定番!

Mi band 3 
小米(シャオミ)/5280円(Amazon.co.jp価格)

重量約20グラムで防水仕様、一回の充電で約20日も使える超級スペックで世界的に大ヒット中のモデルが日本上陸。時刻や天気などの基本機能のほか、睡眠モニタリングなど独自機能も有能!!

0.78インチの有機ELのタッチスクリーンを装備し、メールやLINEをはじめとする着信通知などを手元でチェックできる。

充電は、バンドから本体を取り外して、付属する専用のUSB充電器を使用するのでちょっと面倒......。

超定番のG-SHOCKと比較するとサイズ感的には半分以下。ほぼ腕に装着しているのを忘れてしまうレベル!

★ドンキが放つコスパ最強端末!

アクティブギア ライフロガー(心拍センサーあり) 
ACTIVEGEAR/3980円+税

ドン・キホーテのオリジナルブランド「ACTIVEGEAR」の製品は、重量約18gで防水防塵仕様。心拍センサー非搭載モデルなら2980円+税から購入できる相変わらずのコスパ最強っぷり!

0.93インチの有機ELディスプレイを搭載。メールやLINEだけでなく各種ニュースアプリの通知にも対応する汎用性の高さがウリだ。

本体にUSB端子を装備し、パソコンやスマホ用のUSB充電器をそのまま使用できる。これは汎用性高すぎ!!

G-SHOCKと比較。0.93インチディスプレイを採用し、ホーム画面に時刻と天気を同時に表示できるのは便利。

★どちらの専用アプリも完成度高すぎ!

Mi band 3アプリ

専用アプリ「Mi Fit」から本体の万歩計や各種運動と連動した消費カロリー計算、睡眠や心拍数のデータ管理などなど、これはダイエットにも有効!

ライフロガー アプリ

専用アプリ「AG Life Logger」は毎日の歩数や消費カロリーなどをiOSの「ヘルスケア」アプリと連動でき効率よくデータ管理できるのがポイント。

★『即買いガジェット』は毎週月曜日更新!★

serial_sokugai-gadget.jpg