こびりついたヤニカスを削り落とすグッズ!

綿棒でゴシゴシやったり、専用のクリーナーでグリグリやったりと、意外と面倒なIQOS(アイコス)の清掃作業......。しかし、これをやらないと、焦げ臭かったり吸い応えがスカスカになったりと間違いなく風味が大激減!

そこで活用したいのが手軽に使える清掃グッズだ。なかでも電動回転ブラシ、エアーブローのふたつの商品はお手軽度が圧倒的。利用法としては一本吸って充電、そしてまた吸う直前に使うのが効果的。

ただ、吸い終わった直後のブレードが加熱した状態での使用は、ダメゼッタイですよ!

★IQOSクリーニングの新定番ならこちら!

【Amazon.co.jp 限定】アイコス電動クリーナー 
EZblu/2080円(Amazon.co.jp価格)

ホルダーを本体に差してキュイーンと一発清掃! 約5秒で内部のヤニがごっそり取れる清掃マシーン。旧型から3、MULTIにも対応するので複数台持ちユーザーにもオススメです!

単4形電池2本で高速回転するブラシは水洗いOK。IQOS用の洗浄液と併用すれば、より清掃効果アップ!

★東京パイプ IQOSアイコス対応 エアーブロークリーナー 70ミリリットル

東京パイプ/300円(Amazon.co.jp価格)

こちらもホルダーを本体へ差して使用するタイプ。IQOSの内部へエアーを噴射してヤニを吹き飛ばすので、ブレードを傷つける心配ナシ。清掃の仕上げに一吹きするのも有効ですよ!

★こびりついたヤニカスを削り落とす!

JSW iQOS 2.4 PLUS/アイコス3 クリーナー用品 
JSW/780円(Amazon.co.jp価格)

シリコン製の保護プラグ、ブラシ、金属製のツールをセットにした清掃グッズ。カチカチに固まってブレードにこびりついたヤニも取れますけど、ホルダー破損の恐れもあるので使用は自己責任で!!

まずはブレード保護プラグをIQOSに挿入。事前に軽くIQOSを清掃しておくと、保護プラグも汚れずブレード清掃がスムーズ。

ツールでブレードのヤニを清掃するときは、ガリガリ削らないこと! 軽くこする感じでOKだ。IQOS用の洗浄液の併用も有効。

★IQOS内部の汚れを大軽減!

JSW 30枚/セット 
JSW/320円(Amazon.co.jp価格)

IQOSで意外と汚れがたまるのが、ブレードのつけ根部分だ。これはブレードのつけ根部分に装着するフィルターで、汚れたら取り替えるだけ! 日々のIQOS清掃の手間を軽減できますよ。

★ブレードの先端もがっつりキレイ!

Clew(クリュー)含浸クリーニングスティック 50本入綿棒 
Clew/実勢価格799円

ブレードの先端にはカッチカチで頑固なヤニが付着しがち。こちらは定番のIQOS洗浄液「Clew」を染み込ませた綿棒で、デリケートなブレードの先端部分をガッツリ清掃可能です!

★『即買いガジェット』は毎週月曜日更新!★

serial_sokugai-gadget.jpg