(左から)iPhone 15:ディスプレーサイズ6.1インチ。全5色、128GB、256GB、512GBのストレージ容量がラインナップされるスタンダードモデル。iPhone 15 Plus:色、ストレージ共に15と同じ構成で、ダイナミックアイランドを採用した6.7インチディスプレーを搭載の大画面モデル。iPhone 15 Pro:内部フレームにチタニウムを採用して重量187gを実現。新開発されたA17 ProチップはゲーミングPCのタイトルがサクサク動作。iPhone 15 Pro Max:15 Proの(左から)iPhone 15:ディスプレーサイズ6.1インチ。全5色、128GB、256GB、512GBのストレージ容量がラインナップされるスタンダードモデル。iPhone 15 Plus:色、ストレージ共に15と同じ構成で、ダイナミックアイランドを採用した6.7インチディスプレーを搭載の大画面モデル。iPhone 15 Pro:内部フレームにチタニウムを採用して重量187gを実現。新開発されたA17 ProチップはゲーミングPCのタイトルがサクサク動作。iPhone 15 Pro Max:15 Proの
iPhone 15シリーズやGoogleのPixel 8シリーズ、AQUOS sense8など超人気モデルが続々と販売スタート。しかし、円安の影響でお値段は例年以上に!! そんな超人気モデルのスペック的な推しポイント、さらには多くのユーザーが活用しているキャリアの端末購入プログラムやメーカー直販のお得なサービスなどもガッツリと解説ですっ!

■端末購入プログラムの注意点とは?

9月22日にAppleから「iPhone 15」シリーズが発売され、10月12日にはそのライバルとなりつつある「Google Pixel 8」シリーズも登場。このほかにも新端末が続々と発売されて物欲が刺激されまくりなシーズンが到来。

しかし、円安の影響をモロに受けてしまった価格問題が......。そんな中、キャリアから高額スマホを購入する多くのユーザーに利用されているのが、「端末購入プログラム」だ。でも、実店舗のポップには【実質負担金○万円】や【○ヵ月目の返却で○万円免責】など、微妙にわかりづらいワードが多め。

キャリアの端末購入プログラムのお得な活用テクをITジャーナリストの法林岳之(ほうりんたかゆき)さんに解説してもらいます!

iPhone 15 Proシリーズはゲーム性能に要注目です! 15 Proシリーズで注目の独自機能が、新採用のA17 Proチップの処理能力を生かしたゲーム性能。年内中には『バイオハザード RE:4』(写真上、中)と『バイオハザード ヴィレッジ』(写真下)がリリース予定で、バイオの最新作がスマホで遊べるサプライズが! これらは各種ゲーム用のコントローラー、そしてスマホ単体でも画面に表示されるタッチコントローラーでプレイできるiPhone 15 Proシリーズはゲーム性能に要注目です! 15 Proシリーズで注目の独自機能が、新採用のA17 Proチップの処理能力を生かしたゲーム性能。年内中には『バイオハザード RE:4』(写真上、中)と『バイオハザード ヴィレッジ』(写真下)がリリース予定で、バイオの最新作がスマホで遊べるサプライズが! これらは各種ゲーム用のコントローラー、そしてスマホ単体でも画面に表示されるタッチコントローラーでプレイできる
――端末購入プログラムは4キャリア共に採用していますが、これにはどういった理由が考えられますか?

法林 端末の高価格化です。今年のiPhone 15(256GB)はドコモのオンラインショップの機種変価格で17万2040円です。これを24回の分割払いにしても月7168円。もちろん、通信料金も発生しますから、ほぼ毎月の支払いは1万円以上になります。

――一般的に考えるとけっこうな負担ですよね。4人家族全員がiPhone 15ユーザーとかだとなおさら!

法林 はい。しかし、端末購入プログラムを利用することで分割払いの支払額は、月3749円(初回3762円)×22回の総額8万6240円となるのです。


――なぜ、その計算に?

法林 どのキャリアの端末購入プログラムも、【購入した端末を指定された期間内にキャリアに返却する】のが大前提です。ユーザーの端末をキャリアが下取りし、それらを世界の中古スマホ市場に流通させるビジネスが成り立っています。中古スマホ市場があることでユーザーはより安く新端末を購入できるのです。

なので、ドコモのオンラインショップの機種変価格で17万2040円のiPhone 15(256GB)なら、【実質負担金額】が8万6240円。購入後23ヵ月目に返却することで【免責される金額】が8万5800円となるのです。

――なるほど! ちなみに購入後23ヵ月目を超過して端末を利用し続ける場合は?

法林 免除される8万5800円を一括、もしくは再分割して支払う方法があります。それと、意外と忘れがちなのが補償サービスへの加入です。ドコモのオンラインショップのiPhone 15(256GB)を24ヵ月利用するなら、月880円×24ヵ月分の「smartあんしん補償」の費用も発生します。

なので、【8万6240円(端末代金)+2万6400円(補償代金)=11万2640円】が"コミコミの実質負担金額"と考えるべきでしょう。金額の違いはありますが、ほか3キャリアの端末購入プログラムも同様の内容です。


――実店舗のポップだと意味不明でしたけど、これで支払う金額がはっきりしました。では、端末購入プログラムを利用する場合の注意点は?

法林 例えば、キャリアの指定した返却期限を前倒しし、新たに端末購入プログラムで新端末を購入した場合は、旧端末と新端末の二重ローンを支払うことになります。そういった事情もあり、ドコモでは「いつでもカエドキプログラム+」という購入後1年でも返却できる新サービスをスタートしました。20万円以上の端末を1年前後で機種変する場合は、こちらを利用すべきでしょうね。

――その他、注意事項は?

法林 端末のコンディションです。ディスプレーの破損はもちろん、本体のキズやヨゴレで端末購入プログラムの【免責金額】が減額されます。ディスプレーのフィルムや本体のケースは必須です。

iPhone 15シリーズはUSB-Cが優秀です! iPhone 15、15 PlusはUSB-C2.0。15 Pro、Pro MaxはUSB-C3.0の規格に対応。どちらも出力20W以上の充電器を利用することで高速充電が可能。どちらもUSB-Cから外部ディスプレーへ映像出力ができ、これはエンタメ用途にも最適。さらに写真のようにiPhone 15シリーズと対応機器をUSB-C接続することで充電することも可能だiPhone 15シリーズはUSB-Cが優秀です! iPhone 15、15 PlusはUSB-C2.0。15 Pro、Pro MaxはUSB-C3.0の規格に対応。どちらも出力20W以上の充電器を利用することで高速充電が可能。どちらもUSB-Cから外部ディスプレーへ映像出力ができ、これはエンタメ用途にも最適。さらに写真のようにiPhone 15シリーズと対応機器をUSB-C接続することで充電することも可能だ
――端末購入プログラムは通信業者を乗り替えるMNPだと、2万円程度の割引がありますけど、実は2年ごとにキャリアを乗り替えつつそのときの最新iPhoneを購入するのはアリですかね?

法林 端末を格安で購入する目的ならアリです。ただ、自宅の固定インターネットやコード決済、さらには金融商品などをキャリア関連で利用している場合は、各種還元率や割引サービスも消滅するので、そこは要注意です!

――ところで、Apple直販でiPhone 15シリーズを購入するのはどうですか? そもそも一括支払いの値段がお安いですよね。

法林 AppleはPaidyと提携して「ペイディあと払いプランApple専用」という分割払いを行なっています。こちらは最大で36回払いまで金利0%となりますが、この金利0%は【口座振替と銀行振り込み】だけに適用されます。コンビニ決済では手数料が発生しますので要注意です。Appleは最大24回払いのショッピングローンも提供されていますから、「24回で大丈夫!」という方はこちらのほうが使いやすいでしょうね。

また、Appleは端末の下取りサービスも積極的に行なっており、これはキャリアで購入した端末も対象となります。新端末を購入して2年以上使うなら、Appleからの購入も検討するべきでしょう。

実は一番お得な最新iPhoneの購入方法!? 金利0%の分割払いができる 「ペイディあと払いプランApple専用」。金利0%の分割払いでApple直販のiPhone 15シリーズを購入する場合は、まず『あと払いペイディ(Paidy)』のアプリをインストール。このアプリから「ペイディあと払いプランApple専用」への申し込みが可能。36回の分割払いで金利0%だが、コンビニ支払いに設定すると毎月の手数料が発生するので要注意です!実は一番お得な最新iPhoneの購入方法!? 金利0%の分割払いができる 「ペイディあと払いプランApple専用」。金利0%の分割払いでApple直販のiPhone 15シリーズを購入する場合は、まず『あと払いペイディ(Paidy)』のアプリをインストール。このアプリから「ペイディあと払いプランApple専用」への申し込みが可能。36回の分割払いで金利0%だが、コンビニ支払いに設定すると毎月の手数料が発生するので要注意です!
――ちなみに、iPhone 12や13が【実質負担金額23円!】と大手家電量販店でやっていますけど、今から買っても大丈夫ですか?

法林 近年、iOSの足切りが早くなってきているので、旧端末は安くてもオススメできません。利用途中でサポートが打ち切りになりますから。iPhoneの旧端末を買うぐらいなら、Androidの新モデルへの機種変をオススメします。

Appleでも旧端末の下取りOK。楽天モバイルもポイント制度が優秀です!! Appleでは旧端末の下取りも行なっており、Storeから簡単に端末の査定ができる。例えば、iPhone 13なら最大で6万6000円の下取り価格に! 楽天モバイルはiPhone 7などの旧端末でも各種条件をクリアすれば最大で1万9000円相当のポイント還元キャンペーンを実施中Appleでも旧端末の下取りOK。楽天モバイルもポイント制度が優秀です!! Appleでは旧端末の下取りも行なっており、Storeから簡単に端末の査定ができる。例えば、iPhone 13なら最大で6万6000円の下取り価格に! 楽天モバイルはiPhone 7などの旧端末でも各種条件をクリアすれば最大で1万9000円相当のポイント還元キャンペーンを実施中