週プレNEWS TOP 連載コラム 語っていいとも! 語っていいとも! 第44回ゲスト・加藤諒「いまだにカツラって思ってる方が多くて…(苦笑)」

連載コラム

語っていいとも! 第44回ゲスト・加藤諒「いまだにカツラって思ってる方が多くて…(苦笑)」

[2017年08月13日]

カツラをカミングアウト、大反響となったが、元々はこういう髪型で「地毛なんですよ」という加藤諒さん

あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』。

前回、芸人のレイザーラモンHGさんからご紹介いただいた第44回のゲストは俳優の加藤諒さん。

子役時代から映画、ドラマに多数出演。ここ数年、話題作での特異なキャラで俄然注目されている個性派。そのインパクトあるビジュアルも人気でバラエティ番組にも引っ張りだこ。

アフラックのCMでは不老不死の男を演じ、ますます世間の目を惹く、その素顔とは…。認知度と実力がまだ合っていないドキドキの毎日だというがーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一)

―そもそも、上昇志向とか目立ちたがり気質が自分にあった?

加藤 なんだろう…あんまり目立ちたいとかはなかったですけど。外に行くと人見知りなので、あの…もう、ひっそりしてる感じで。だから、みんなにTV出てるとかいうのを見られて、わーってこられると、「わ、どうしよ、どうしよ」みたいな。

―では子役時代、『あっぱれさんま大先生』に出ていたというのは、自分からやりたくてなのか…。

加藤 周りの影響が大きくて。僕が通ってたダンススタジオの先生が自分のスタジオからスターを出したいっていう方で。ちょうどその時に今の事務所と繋がって、オーディションの話をいろいろいただいて。僕は東京遊びに行けるって感覚でやってたんですけど、そしたら受かっちゃって、東京行けるからイエーイ!みたいな(笑)。

―そのダンス自体は誰かの影響で? 

加藤 お姉ちゃんがふたりいて、お母さんもダンスをやっていたんですよね。すごい熊川哲也さんのファンで、クラシックバレエを習わせて、もうひとりにはジャズダンスを習わせてて。送り迎えに僕もついていった時に真似して踊ってたら「あんたもやってみる?」って。クラシックだと男のコも少ないので、ちょうど親戚の方がスタジオを立ち上げるっていうので、そこに入ったんです。

―家族ぐるみで必然的にそうだったんですね。アーティスティックな環境というか。

加藤 どうなんだろう、それー(笑)。本当にみんなダンスはやっていたけど、でも普通のごく一般家庭でしたね。

―でもそれで「さんま大先生」みたいな現場に巡り合って、楽しさも覚えて。こういうお仕事を続けたいと思い始めたのはどのくらいで?

加藤 中2の時に『HINOKIO』って映画に出て、その当時、映画がすごい好きだったんですけど、なかなか出演の機会がなかったんです。ようやくオーディションに受かって、CGのロボットを相手にちょっと難しい感じだったんですけど、出来上がりを観た時の感動がすごい大きくって。こういうお仕事やっていきたいなって思いました。

―それこそTVとか映画に出演して学校でも有名になって、ちょっとしたヒーローだったんですかね。

加藤 全然、ヒーローになれなかったんですよ、僕。人気者じゃなかったんです。どっちかっていうと、日常では結構いじめられっ子で、でも「あっぱれ」とかTVの世界に行けば、それが変わってみんなが面白いって笑ってくれるし、求めてくれるんで。

―自分を認めてもらえるみたいな。逆に地元では「こいつ、TV出て調子乗ってんじゃねえの?」的な残酷さも子供の世界では尚更あったり…。

加藤 そうなんですよ。先輩とかにも結構目つけられたりとかして。僕、そっちでした。全然ヒーローになれなくって。そういうのもあって、このお仕事していきたいって思ったと思います。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017