DVDや撮影会を中心に活躍する現役女子大生グラドル・石原佑里子

グラビアアイドル人気が改めて再燃する中、関係者たちの間で注目を集めているのが石原佑里子だ。

現在22歳の彼女は目下、DVDや撮影会を中心に活躍する現役女子大生グラドル。一昨年「ミス湘南コンテスト2015 ベストフォトジェニック賞」を受賞し、注目を集めた後に芸能界入り。

その後、徐々に頭角を表し、撮影会&通販などのアイドルサイト『東京Lily』では2016年DVD年間売り上げ1位を記録、年間MVPも受賞している。

満を持して、発売中の『週刊プレイボーイ』12号では初グラビアに挑戦!「日本一おっぱいがキレイな女子大生」のタイトル通り、ダンスで鍛えたというB90W58H92の見事なボディを大胆に披露。ちょっぴり照れた表情とともに読者を悩殺している。

最近は大久保佳代子が司会を務める『佳代子の部屋~真夜中のゲーム会議~』(フジテレビ)にもレギュラー出演し、ますます活躍が期待されるグラビア界の新星を直撃、その素顔に迫った!

―おっ! 今日はわざわざ胸の開いた服で来てくれたんですか。なんだか照れますね~。

石原 うふふふ。よろしくお願いします(笑)!

―えーと、こんな風にしっかりとグラビアを撮られるのは今回が初めてとか。

石原 はい。だから撮影前日は緊張と不安で眠れなくて。ロケバスの中でも、いろんな方の画像を検索して表情とかポーズとか必死にチェックしてました。

―実際の撮影はどうでした?

石原 楽しかったです! 途中から緊張なんて忘れちゃいました!

―特に好きなカットは?

石原 全部好きなんですけど、この中だと最後のページかな。

―ワンピース水着で、背後から撮ってるカットですね。

石原 光が柔らかく当たってる感じとか好きで。でも水着がちょっと小さくて、お尻がかなり出ちゃってるんですよね(照)。

―確かに出てますね~(笑)。前の見開きでは同じ水着を着て四つん這いのまま撮ってるカットもあります。

石原 このカットでは下を向いてたので、何度も胸がポロリしちゃって。どっちにしても大変でした。あははは。

これも武器として使っちゃおうって(笑)

―それにしてもタイトル通り、胸の形が本当にキレイですね!

石原 私の胸は柔らかくて、水着の収まりがいいんですよ。それでよく見えてるのかなって思います。

―大きさも90センチで立派だけど、昔は小さかったとか?

石原 お兄ちゃんからずっと“まな板”と呼ばれてました。でも中学の頃から急に大きくなって。高校の時は「おっぱい」、大学では「おっぱいちゃん」ってあだ名で男のコから呼ばれてました。

―直球だなぁ。まぁ、その気持ちがわからないこともないけど(笑)。胸が大きくて悩むことなんてある?

石原 ずっとダンスサークルにいたんですけど、ダンスって動きが激しいし、衣装もタイトでしょう。発表会に出ると、いつもダンスより、おっぱいのことばかり言われちゃうんですよね。

―あーどうしてもクギ付けになっちゃうよね。でも隠せばいいのでは? 

石原 私のはセクシーなダンスなんですよ。だからせっかくだし、これも武器として使っちゃおうって(笑)。

―あははは。全然悩んでないし。

★後編⇒「恥ずかしいとかわかってなくて、下乳とかも出ちゃって…」 “日本一おっぱいがキレイな女子大生”の素な魅力とは?

石原佑里子のグラビアが掲載されている『週刊プレイボーイ』12号(3月6日発売)もチェック!

(取材・文/大野智己、撮影/桑嶋智輝、インタビュー撮影/武田敏将)

■石原佑里子(ISHIHARA YURIKO)1994年9月11日生まれ 埼玉県出身 身長160㎝ B90 W58 H92 ○フジテレビ系『佳代子の部屋~真夜中のゲーム会議』(毎週木曜26:55~)にレギュラー出演中。最新DVD『初恋ゆりりん』発売中! 公式ブログ【http://ameblo.jp/ishiharayuriko0911/】公式Twitter【@y_pyooon】も。

●週プレnet EXTRAでは未公開フォトを配信!価格1080円(税込)【http://shupure-net.shueisha.co.jp/extra/