高鶴桃羽

女優、そしてバレリーナとしても活躍している透明感抜群の美少女・高鶴桃羽(たかつる・ももは)が、週プレ2度目の撮り下ろしにして、週プレのデジタルコンテンツ「+Soecial」に初登場。初めての沖縄で撮り下ろしたという最新グラビア『ずっとみててね』について語るべく、公式YouTubeチャンネルで公開中の『女子のためのグラビア講座(以下、女子グラ)』にゲスト出演してくれた。

『女子のためのグラビア講座』は、グラビア大好き女子の金髪りさ&とりが気になるグラビア美女やデジタル写真集について女子目線で語るプログラム。今回は、昨年週プレでグラビアデビューしたばかりの高鶴桃羽をゲストに、撮り下ろしの裏側からパーソナルな質問まで、いろんな女子トークを展開した。本インタビューでは、動画に収録しきれなかった制作エピソードなどを聞いた。

ーー動画収録お疲れ様でした!

高鶴 グラビア好きなお二人と楽しくおしゃべりができてスゴく楽しかったです。「かわいい」「スゴい」って、たくさん褒めていただいたおかげでハッピーな気分になりましたよ。

ーーだって本当にかわいい写真ばかりだったんですもん。ポージングもしなやかで、さすがバレリーナという感じで。

+Special『ずっとみててね』(撮影/熊谷貫) +Special『ずっとみててね』(撮影/熊谷貫)
高鶴
 えーっ、うれしいー! ありがとうございます!! グラビアに挑戦させてもらうようになってから、ポージングを褒められる機会がめちゃくちゃ増えたんですよ。「人間ってこんなポーズできるんだ!」と驚かれるぐらい手応えバツグンです。グラビアを始める前は「水着で撮影って、何をしたらいいんだろう?」と緊張していたけど、こんなに自分の強みを活かせて、しかも楽しいお仕事なんだったら、もっと早くやっておけば良かったなー(笑)。

ーーこれからバリバリご活躍されるのを期待しています! 動画では、公開中の+Special『ずっとみててね』の裏話をいろいろお話いただきました。確か、人生ではじめての沖縄だったんですよね?

高鶴 そうなんです。2泊3日のロケ。撮影外の時間には、観光もグルメも満喫させてもらいました。クリスマスシーズンだったんですけど、町全体がキレイにライトアップされていたり、大きなくるみ割り人形が飾られていたり、まるで物語の世界に迷い込んだかのように幻想的な空間が広がっていたんですよ。来年からは、沖縄でクリスマスを過ごすのもアリだなって思うくらい、気にいっちゃいました。

ーー動画でも、撮影で訪れたハンバーガーショップに「プライベートでまた行きたい」とおっしゃっていましたよね。

+Special『ずっとみててね』(撮影/熊谷貫) +Special『ずっとみててね』(撮影/熊谷貫)
高鶴
 そうなんですよ~! だって美味しかったんだもん(笑)。あと、本場のサーターアンダギーを食べるのがかねてからの夢だったんですけど、ついにこのロケで叶いました。「ごろー屋」ってお店のサーターアンダギーが美味しすぎたので、これもまた食べに行きたい! それから、海ぶどうも忘れられないですね。ASMRの動画で見かけるたびに「なんだ! このプチプチの食べ物は!」と興味を持っていたので、今回のロケ中に食べられて感激しました。あれは海の幸ですね。スタッフさんが「食べな! 食べな!」ってたくさんくださるので、わんこそばみたいにずーっと食べ続けていました(笑)。

ーーめっちゃ食いしん坊じゃないですか! って、一回行っただけなのに、すでに沖縄にメロメロですね。

高鶴 うふふ。子どもの頃は北海道にいて、バレエの留学ではロシアに行っていて、どちらかというと寒い地域に馴染みがあったので、沖縄のあたたかい雰囲気は新鮮だったんだと思います。週プレさん、私の世界を広げてくれてありがとうございます!

ーーとおっしゃいますけど、高鶴さんはもともとフランスのパリでお生まれになって、日本(北海道)に帰国後もバレエの留学でたくさん海外に行かれていたんですよね。その時点で、かなり世界を知っているほうかと......。

高鶴 そんなことはないです(笑)。2歳の頃からバレエをやっていて、中学生の頃からスイス、ベルギー、チェコ、ウクライナ、ロシア......と海外留学をさせてもらっていたので、同世代のコたちに比べたら、海外生活の経験は豊富なほうなのかもしれないですけど、まだまだ知らないことばかりですよ。

ーーさらっと国名を言っていますけど、だいぶスゴイですからね!? とはいえ、子どもの頃からそれだけ海外に行かれていると、ハプニングも多々経験されているのでは?

高鶴 突然高熱が出たり、食べ物や飲み水が口にあわなかったり、環境に慣れないうちは確かに大変でした。でも、そんな身体の不調も含めて「私は今、見知らぬ環境に身を置いて、新しい挑戦をしようとしているんだ」って、ワクワクするんですよね。トイレが流せないとか、蛇口を捻ったら黄色い水が出てくるとか、そういった文化の違いも全てが学びです!

高鶴桃羽

ーーポジティブすぎ! 直近のロシア生活はいかがでした?

高鶴 ロシアといえば雪! 北海道で雪国生活には慣れていたつもりでしたが、ロシアは基本的に除雪をしないので、己で雪を掻き分けて道を作っていかなきゃいけないんです。積もりたての朝は学校に行くだけで修行みたいでしたよ。それからロシアはティッシュがないんです。現地でいちばん柔らかい紙は、よくレストランに置いてある紙ナプキン。みんなアレで鼻をかむんですけど、どうしても肌が荒れちゃうので、向こうにいる間は鼻セレブが恋しくて堪りませんでした。

ーーそれは大変!

高鶴 ロシアのバレエ留学は、いろんな国から学生たちが集まるんですけど、そこで国境を超えた友達づくりができたのは良い思い出です。みんな日本の文化が大好きで。私が「コンニチハ」って流暢にしゃべるだけで喜んでくれるんですよ(笑)。それに、みんな私以上に日本のアニメに詳しいんです。会話の中で普通に「領域展開!」とか「水の呼吸!」とか言ってるんですけど、日本語なのに私が聞き取れないっていう(笑)。みんなに教えてもらったおかげで、今となっては、私も『呪術廻戦』も『鬼滅の刃』が大好きになりましたけど。

ーーまさかの逆輸入(笑)。でも、そういう何気ない思い出がいちばん素敵ですよね。高鶴さんって、こうして話していても人当たりが良いですし、言語の壁があっても誰とでも仲良くなれそうだし。楽しそうな留学生活が目に浮かびます。

高鶴 アハハ、ありがとうございます。一応、英語、フランス語、ロシア語はちょっとだけ喋れるんですけど、言葉が通じなくても面白いと感じるものは一緒だったりしますし、感覚で仲良くなれちゃうところはありますね。私、人見知りも全然しないし(笑)。何なら、言葉が通じない環境だと受け身になる人が多いじゃないですか。でも私は逆に、話しかけづらい雰囲気の人こそ自分から話しかけなきゃ! って思っちゃうタイプ。だから、仲良くなるのはわりと早いほうだと思います。

ーーコミュ力高っ! でも、緊張しません? 最初のうちは、うまくコミュニケーションが取れなかったらどうしよう......とか、考えてしまいそうなものですけど。

高鶴 そんな心配よりも、「どんな人なんだろう?」って気になる気持ちが先に来るというか。思い切って話しかけてみると、案外よろこんで答えてくださる方が多いし、アタックは大事です。そうやってすぐ人に話しかけちゃうので、留学先では、面識のなかった友達と友達を仲良くさせるパイプ役になっていることも多々ありました。日本に住む高校の友達とロシアの友達が私を経由して友達になったことも......。言語や文化が違っても、仲良くなれるとやっぱりうれしいものですよね!

ーー素敵すぎます。高鶴さんがいれば、どんな環境でも明るく平和になりそうだなぁ......。すみません、私とも友達になってもらっていいですか?

高鶴 もちろんです! また週プレさんにグラビアが掲載されたら、是非、女子グラに呼んでください~!

高鶴桃羽

+Special高鶴桃羽『ずっとみててね』撮影/熊谷貫 女優、バレリーナとして活躍する高鶴桃羽の最新グラビア。今回は念願だったという沖縄に初上陸。海やプールを元気に楽しんだり、ベッドでしっとりしたり、あるいは夜の町でかっこいい姿を見せたり。目下、注目を集める彼女のポテンシャルをたっぷり撮り下ろしています。なお彼女自身のお気に入りは「バスタオルを頭に巻いている衣装」。プライベートさながらのユルい姿も楽しめます。 +Special高鶴桃羽『ずっとみててね』撮影/熊谷貫 女優、バレリーナとして活躍する高鶴桃羽の最新グラビア。今回は念願だったという沖縄に初上陸。海やプールを元気に楽しんだり、ベッドでしっとりしたり、あるいは夜の町でかっこいい姿を見せたり。目下、注目を集める彼女のポテンシャルをたっぷり撮り下ろしています。なお彼女自身のお気に入りは「バスタオルを頭に巻いている衣装」。プライベートさながらのユルい姿も楽しめます。

●高鶴桃羽(たかつる・ももは) 
2003年5月23日生まれ 北海道出身 
身長168㎝ 血液型=B型 
〇芸能活動と並行して、バレリーナとしても活動中。世界各国へバレエ留学をしていた経験を持つ。ドラマ『恋は湯けむりの中で』(テレビ神奈川ほか、毎週金曜24:00~)に出演中。
公式X【@sweets_suki3】 
公式TikTok【@sweets_suki3】 
公式Instagram【@momoha2003523】 

★高鶴桃羽のグラジャパ!プロフィール