「ヌードは着衣のひとつ」と公言している七菜乃

多くの人にとって、恋人以外の人間に裸を見せることは恥ずかしいもの。しかし、「裸が恥ずかしいってなんで思うんですか?」というのは特殊モデルの七菜乃(なななの)だ。

ヌードだけでなく、緊縛やラバー衣装などで撮影に挑むため、特殊モデルと名乗る彼女。前編(「ヌードもこなす特殊モデル・七菜乃が語る仕事のコト)では仕事内容について触れたが、今回は“エロ”とはなんなのか。彼女独自の感性に迫った。

―「裸が恥ずかしいってなんで思うんですか?」という疑問ですが、多くの人はそう感じていると思います。

七菜乃 それが理解できないんですよ。常々言っているんですが、「私にとってヌードは着衣のひとつ」です。特に女体は富士山とかと同じ感覚で“美しいモノ”だと感じていますね。

―世の中のほとんどは、そこに性があるから恥ずかしさ、そして同時に“エロさ”を感じているんだと思います。

七菜乃 性別も男と女の2種類だけでなく、全ての人間が全ての性を持っていると思っているんですよ。だから…わからないんですよね、その“エロさ”というのが。

―全ての性があるという感覚が不思議ですね。ただ幼少期は、性や性差は感じていなかったと思います。そういう意味では、七菜乃さんは子供に近い感覚なんでしょうか?

七菜乃 それに近いというか、「エロ」というのは、エロと“されている”モノがほとんどだと思うんですよね。普通に生きてきたら“裸=エロ”という感覚が養われているんじゃないですか。私はそれだけじゃなくていろいろあってもいいじゃんって思っているんですよ。

―“エロ”というのはある意味、刷り込まれた概念だと。

七菜乃 今も“エロさ”が何かというのはわからないんですけれど、世間一般で言われている“エロさ”は最近わかるようになりました。時々ハズす時もありますけど(笑)。

―じゃあ男性のエロ目線も気にならないんですね。

七菜乃 本能的に男性は子孫を残すという使命があるから、それでも良いなと思っているし、そうやって見ていただけるのはある意味、幸せなのかな、そういう人からしたら私はすごく面倒臭い人間なので(笑)。

セックスはしても興奮はしない?

話せば話すほど、“性”に関して、いや全てに関して寛容であることがわかる七菜乃

―面倒臭いとは?(笑)

七菜乃 「裸! エロ! 終了!」だったらすごく簡単で良いですよね。でも、私はそれだともったいないと考えてしまうから、それ以外にもいろいろあることをわかってもらえたら嬉しいなぁとは思うんですけど…。それは強要するつもりもないから見た人が感じるままでいいんですけどね。

―もちろん、美しいという感覚もわからないわけではないですけどね。

七菜乃 でも、こんな体でエロいと言われると、この人は変な人だなとか思っちゃいますね(笑)。一般的に言われているムチムチしている体型だったり、たわわな胸のエロさではないので、エロいって言われても嫌じゃないというか、勉強になりますって感じです(笑)

―確かにフェチだったり、仕草だったり“エロさ”も多種多様ですからね。

七菜乃 それが面白い部分でもあるのかなと思っていて、ヌードの仕事をしている人ってAV女優と呼ばれている人かアートとして捉えている人にわかれるんですよ。そこもよくわからなくて、自分は両方やっていきたいと思っているし、そうすると、両方の世界を知ってくれる人もたくさん出てくるから良いと思っています。

―ちなみに男女の性差が気にならないなら、性的な興奮もあまりないんですか?

七菜乃 性的興奮もよくわからないんですけれど、好きな人というか一緒に住んだ人もいたりしました。それは男性です(笑)。でもその人から「実は女です」って言われても良いし、むしろ「人間じゃない」って言われたら「何!?」って興奮するかもしれないですし。なんでもいいです。

―地球外生命体が出てきた(笑)。

七菜乃 好きな人が望むことならなんでもしたいって思えるから、それが性的なことでもなんでも大丈夫です。例えば、他の誰かに会うのが嫌だっていう人もいるじゃないですか。でも相手が望んでいることだから、誰と会おうが全然いいです。

―えっ、浮気も!?

七菜乃 その人に必要なことならいいですし、してほしくないっていうのは自分のエゴじゃないですか。好きな人の幸せが自分の幸せじゃないかって。だから別に一緒にいるのが全てではないと思いますね。

―すごい…でもちゃんと恋愛感情はあるんですね。

七菜乃 何が「ちゃんと」なのかはわからないですけれどね(笑)。言葉で縛られたくないんですよね。大切な人を大事に思ってたりとか、大切な人と一緒にいることが1番だと思うんですけれど、やっぱり人は言葉で括(くく)らないとダメなのかなみたいな。そういうのがなくてもっていうのが自分の理想ではありますね。

女体撮影で大興奮!

「ホントに女性の裸が大好きなんです」と嬉しそうに話す七菜乃

―話は変わりますけど、女体愛好家として自分が撮りたいという気持ちは?

七菜乃 自分がモデルというより女体愛好家としてやっているから、撮られる楽しさはあまりないんですよ。できた作品を見て美しく撮ってもらったとか、格好良い作品だとかはあるんですけれど。だから、できるなら撮りたいですね。

―やっぱり、そうなんですね。

七菜乃 以前、自分の展示会の企画で来場者の方に撮らせてもらって、4日間で20人くらい来て下さったんです。人前で裸になったことのない人達ばかりで、すごく楽しかったです。

―あっ、もう撮られてるんですね。

七菜乃 キレイな体のラインが出るようにとか、キレイな所が隠れない位置を考えながら撮りました。本当に裸が大好きなんですよ(笑)。その時はじっくり見られるので、興奮してしまってカメラに収めることと、ただ好きな角度で見ていたい気持ちのぶつかり合いが大変でした(笑)。

―(笑)。被写体の方の反応はどうでした?

七菜乃 年齢も20~50歳まで幅広かったんですけど、撮らせてもらった女のコから「また撮って欲しい」「すごく楽しかった」という良い反響で嬉しかったです。

―同じ女性同士なら安心感もありますしね。

七菜乃 あと、自分はロリコン気質があって、女性になる前の女のコが好きだったんですけど、今回幅広い年齢の方を撮らせていただいて、無駄に年を取るということはないんだなぁ、全ての女性の体は美しいなぁというのを再確認しました(笑)。

―七菜乃さんのメリットばかりですね(笑)。今日はありがとうございました!

七菜乃(NANANANO)特殊モデル。女体愛好家。趣味は球体関節人形作りと体を鍛えること。『ヌード画報』『ナワナノ 七菜乃緊縛写真集』などの写真集の他、DVD「七菜乃CLIPS」(Amazon限定販売)「インソムニア・ボンデージ 七菜乃×一鬼のこ」を刊行。12月18日(金)~27日(日)には神保町画廊にて七菜乃写真展「裸体というドレス」を開催(21・22日は休廊)最新情報は「七菜乃 オフィシャルブログ」にてhttp://www.diamondblog.jp/official/nana7nano/ 公式Twitterアカウントでもつぶやき中! https://twitter.com/nana7nano?lang=ja

(取材・文/週プレNEWS編集部 撮影/五十嵐和博)