独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、前回配信した「爆盛り! わかめ焼きそば」で残ったわかめラーメンを使用した「わかめラーメン炊き込みご飯」!

* * *

【今回の食材】
・わかめラーメン ごま ・しょうゆ 1個 ・米 2合

助手 野島さん! 先週エースコック「わかめラーメン」の激ウマ焼きそばアレンジを作ってもらったッスけど、やっぱり毎日食べてると飽きるッス!

野島 助手くんの食生活は本当に極端ですね。でも大量に買い込んだわかめラーメンがまだ残っているのでは?

助手 そうなんです。なのでわかめラーメンを使ったアレンジ料理を追加してほしいッス!

野島 じゃあ今回はわかめラーメンを使った炊き込みご飯を作ってみますか。

助手 ラーメンなのに、ご飯!

わかめラーメン味の炊き込みご飯はまあおいしそうな気がするけど、麺はブヨブヨになるだろうし、麺とご飯が混ざってたら食べにくそう......。

野島 まあ見ていてください。炊飯器に米をセットしたら、かやくとスープを入れて、よく混ぜてからスイッチを入れます。

(1)入れる! 米をといで炊飯器にセットしたら、一緒にエースコック「わかめラーメン」のかやくとスープを投入。1ヵ所に固まらないようによく混ぜてから炊飯器のスイッチを入れよう

助手 あれ、この時点では麺は入れないんだ。

野島 そうそう。なので炊き上がるまでの間に麺をベビースターラーメンくらいの大きさに砕いておきましょう。

(2)砕く! 余った麺は保存しておいてもいいが、ご飯のアクセントとしても使用可能。使う場合はベビースターラーメンくらいの大きさに砕いておこう。飛び散りやすいので要注意

助手 これ、砕くと飛び散るから意外と難易度が高いッスね!

野島 ゆっくりで大丈夫ですよ。炊き上がる5分くらい前になったタイミングで麺を入れるので。鼻くそでもほじりながらのんびり砕いてください。

(3)入れる! ご飯が炊き上がる5分くらい前になったらいったん炊飯器のフタを開け、砕いた麺を投入する。入れる量はお好みで調整して構わない。全量入れるとなかなかのボリュームに!

助手 それ、麺が鼻くそ味になっちゃうだろ!! はいはい、麺を砕き終わりましたよ。

野島 では砕いた麺を入れて全体を混ぜ、蒸らしたら完成です。

(4)蒸らす! 麺を入れた場合はこの時点で全体をかき混ぜ、ご飯と麺とワカメをなじませる。麺がご飯の中で蒸されることにより、お湯を使わずとも程よい食感に変化しておいしくなる

助手 ウヒョッ! ご飯がほんのりワカメ色に染まってていい感じ! 砕いた麺も具の一部として完璧になじんでますな。

野島 茶碗に盛ると立ち上る磯の香りも最高にそそりますよ。

(5)完成! 「わかめラーメン炊き込みご飯」

助手 えっ、何これ......京都の高級料亭で出てきそうな繊細な味! 絶妙なバランスの醤油味とほのかな塩味がたまらない......。ジャンク感が完全消滅した、高級感あふれる炊き込みご飯を作れるだと!?

野島 わかめラーメンで使用されているスープ、ワカメの素材の良さゆえの味ですね。なのに時折ポリポリッと麺の食感が入ってくることで、わかめラーメンの存在を思い出させてくれるのも面白い。

助手 ヤバい! 箸が止まらない!! これでおにぎりを作って、わかめラーメンと一緒に食べるのもイイですな!

野島 ぜひまた試してみてください(鼻くそをほじりながら)。

助手 鼻くそやめろ! アンタ、これを作る前にちゃんと手を洗ったんだろうな......!?

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg