『週刊プレイボーイ』で「激ウマ! バカレシピ研究所」を連載中の野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、前回配信した「ペヤング回鍋肉」で余った麺を利用した「ひき肉濃厚MAX! サッポロ一番パスタ」!

* * *

【今回の食材】
・サッポロ一番 みそラーメンの麺 1袋分(前回配信した「ペヤング回鍋肉」の余り) ・デミグラスハンバーグ 1個 ・温泉卵 1個 ・粉チーズ 適量

野島 前回配信のバカレシピにサッポロ一番みそラーメンの粉末スープだけ使ったから、麺がそのまま余っているわけで。

助手 そもそも、普通は麺だけを余したりしないけどね!

野島 では今回はサッポロ一番の余った麺をパスタにアレンジしてみますか。まずは麺を鍋で普通にゆで、ザルに上げたらバターを溶かしてなじませます。

助手 いやー。サッポロ一番はどんなにアレンジしたところでパスタにはならないでしょ。

(1)ゆでる! 鍋にお湯を沸かしてサッポロ一番の麺をゆで、3分後にザルに上げて水気を切り、10g程度のバターを麺全体になじませる。もちろんほかのインスタントラーメンでも代用可能

野島 人間の味覚なんて適当なんですから、濃厚な味つけでごまかせばどうにでもなります。中華麺もパスタも原料は小麦ですし、同じようなものでしょ。

助手 ちゃんとした料理研究家がブチギレそうな発言!

野島 というわけで濃厚なパスタソースを作るのが成功のカギとなるわけですが、コンビニで売っているハンバーグを使えば間違いない。今回はセブン-イレブンの「デミグラスハンバーグ」を用意しました。こちらを握り潰してひき肉状に戻し、そのままミートソースとして使います。

助手 せっかく固めてもらったのにひき肉に戻されるなんて牛さんと豚さんがかわいそう!

(2)握る! コンビニの惣菜コーナーにあるハンバーグを袋のまま握り潰し、ひき肉状に戻していく。適度にほぐしたらレンジで加熱する。強く握りすぎて袋が破けないように注意すること

野島 でも市販のミートソースやボロネーゼソースを使うより、このほうが肉の比率が圧倒的に高くてウマいんです。今回はサッポロ一番の麺に使いますが、もちろん普通のパスタにも合いますよ。

助手 おおっ、麺の上にかけると、見た目は完全に超ぜいたくなミートソースじゃん!

野島 さらに粉チーズもたっぷりかけて、温泉卵もトッピングして食べることにしましょう。そうそう、フォークを使って食べるのも忘れずにね。気分を高めればいっそうパスタっぽく感じられますから。

助手 ウハッ! 高級イタリアンで食べるパスタのソースみたいな味ですな。肉の味が凝縮されててメチャクチャウマいっ!!

(3)かける! バターをなじませた麺を食器に盛りつけたら、その上から温めたハンバーグをかけよう。レンジで加熱した直後はやけどするほど熱くなっていることもあるので気をつけよう

野島 そりゃ、ハンバーグをそのまま潰したソースですからね。肉々しいことこの上ない! で、肝心の麺のほうはどう?

助手 味には全然違和感がないッス! でも麺に独特の縮れがあるから、食べてるとふとサッポロ一番を思い出す......。

(4)トッピング! ハンバーグをかけたらそのまま食べてもいいが、粉チーズや温泉卵などをトッピングするのがオススメ。味がさらに濃厚になり、パスタ気分がいっそう深まるはずだ

(5)完成! 「ひき肉濃厚MAX! サッポロ一番パスタ」

野島 むむっ。まだ洗脳が足りないようですね。助手くん、この振り子のように揺れる5円玉を見てください。「あなたが食べているのはパスタパスタパスタ......」

助手 パスタだと思わせるのに催眠術を使おうとするな!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg