『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中の野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、亀田製菓の「ハッピーターン」にかかっている「ハッピーパウダー」を自作してピータンにまぶした「ハッピータン」!

* * *

【今回の食材】
・ピータン 1個 ・砂糖 ・食塩 ・コンソメ ・粉末ミルク ・味の素 ・日清のどん兵衛の麺

野島 助手くん、あの「ハッピーパウダー」って自作できるんですよ。知ってましたか?

助手 マジッスか!? 亀田製菓のお煎餅(せんべい)「ハッピーターン」にかかってる粉ッスよね。あれ大好き! いつも包装フィルムまでペロペロ舐めちゃうッス! 

野島 もちろん同じ粉を作れるわけではないのですが、ネットではたくさんの人がハッピーパウダーの再現に挑戦してるんです。僕もいろいろ試してみたら塩と砂糖にコンソメ、味の素、粉末ミルクあたりを混ぜるとだいぶ近い感じになるかと。

助手 ほぼ家に常備されている調味料だけで再現できるとは! 早速作ってみましょう!

(1)混ぜる! 砂糖7g、食塩2g、味の素2g、コンソメ1g、粉末ミルク1gを混ぜて疑似ハッピーパウダーを作る。コンソメは粒が大きめなので、潰しながら混ぜることを心がけよう

野島 ではここにある調味料を全部混ぜて......よし助手くん、味見してみてください。

助手 なんだこれ、しょっぱっ!! 全然ハッピーパウダーじゃないッス! また騙したな!!

(2)味見! コンソメやミルクの種類によっても味が左右される上、味の好みも人それぞれ。味見をしながら5種類の調味料を少しずつ足し、自分好みの味に調えていく

野島 あれ本当だ。コンソメの種類を変えたから配分が狂っちゃったのかも。まあ結局は分量のバランスなので、味見をしながら調整していきましょう。

助手 だんだん味が調ってきたのはいいッスけど、調整しているうちに大量のハッピーパウダーができてしまったッス!

野島 大丈夫、ちょうどハッピーパウダーを使って作ってみたいバカレシピがあったんですよ。このピータンにハッピーパウダーをたっぷりとまぶして「ハッピータン」を作ります。

助手 またそれ名前から先に考えただろ! ダジャレでレシピを考えるの、やめろ!

(3)かける! あとは殻をむいたピータンにハッピーパウダーをまぶして食べるだけ。かけすぎには気をつけて。ゆで卵のようにそのままかじってもいいし、包丁でカットしてから食べてもよい

(4)完成! 「ハッピータン」

野島 いやいや、これがウマいのよ。ゆで卵に塩をつけるみたいな気分で食べてみて。

助手 ホウ、これは通好みな味ッスな~。ピータンの芳醇(ほうじゅん)な味がいっそう引き立っているような気がするッス。個人的にはアリ!

野島 ハッピーターンの粉はお煎餅以外にもいろいろ合うんです。以前にかやくを使って麺だけが残ったどん兵衛があるので、これにも使ってみましょう。熱湯で麺を戻したら湯切りをして、そこに粉をまぶします。

助手 ウマッ!! そうか、コンソメとか味の素も入っているから深い味になるッスね。何杯でも食べられそうッス!

(5)カスタム! 余った粉はいろいろな料理に使うこともできる。今回はどん兵衛の麺をカップ焼きそばのように湯切りし、麺に絡めて食べてみた。パン、麺、ご飯、お菓子、なんにでも合う!

野島 そのうちハッピーパウダーとコラボしたカップ麺も出そうな気がしますね。

助手 ありそう! っていうかこの粉、やっぱりウマいッスね。ハッピーターンの粉を永遠に舐め続けたいという僕のささやかな夢が今叶(かな)ったッス!

野島 それはよかったですが、主成分は塩と砂糖ですから生活習慣病とかには気をつけて......。

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg