レトロ遺産を掘り返す山下メロ氏レトロ遺産を掘り返す山下メロ氏

記憶の扉のドアボーイ・山下メロです。今回のテーマはガラケー。それも携帯電話のカスタムについて振り返ります。

ポケベルが主役だった平成初期の移動体通信は、90年代末期にはPHSから携帯電話に移行し始めました。常に持ち歩き、通話やメール入力中に衆目にさらされる機会の多い携帯電話は、いわばアクセサリーにも近い存在。その外装をカスタムし、自分らしい見た目に変えたいと思うのは当然のことでした。

黒くて武骨なデザインが多かった携帯電話。やっと丸みを帯びたデザインも採用され、白やシルバー系のカラーバリエーションが増えてきたものの、まだまだ画一的で個性を演出しづらいものでした。カスタムの定番はストラップの交換でしたが、それで満足できない人たちは本体を大胆に改造していったのです。

当時、携帯電話の改造方法はいろいろとあり、雑誌などに掲載されていました。よくあったのは液晶画面の反転、スケルトンの外装に交換して内部を丸見えにする、本体背面の彫刻、またはデザインシートを背面に圧着するなどなど。

しかし、これらのカスタマイズは本体の分解が必要となることも多く、携帯電話改造の専門ショップも存在したほどです。

これはゲーミング仕様の原点だったかも!? 光るアンテナはどんな光り方をするかが伝わりづらいため、パッケージの写真やイラストで発光時の雰囲気を伝えようとしていました。ショップには、実際に現物に通電して発光させる店頭ディスプレーも設置されましたこれはゲーミング仕様の原点だったかも!? 光るアンテナはどんな光り方をするかが伝わりづらいため、パッケージの写真やイラストで発光時の雰囲気を伝えようとしていました。ショップには、実際に現物に通電して発光させる店頭ディスプレーも設置されました

そんなショップで販売されていたものに交換アンテナパーツがありました。これらは工具が付属しており、ユーザーが簡単に交換できるため、家電量販店にも専用コーナーが設置されるほど一般化していったのです。

多くのアンテナ製品は〝光るギミック〟が搭載され、電波の送受信時や通話中にアンテナの先端が点滅します。しかも電池を必要とせず、電波の一部を利用して発光させる機能でした。

今より電波が弱い時代に、さらに電波を犠牲にして光らせていたわけですから、それでも目立ちたい人にとっては重要なカスタムだったのです。それゆえ需要も多く、実は多彩な商品群があり、奥深い世界でした。

今回はその一部製品を紹介しましたが、これからも筆者が追いかけ続けている〝光る携帯電話アンテナ〟の知られざる進化をお伝えしていきたいと思います。

ロッドアンテナで常時バリ3を実現!? ロッドアンテナと呼ばれる、いわゆる警棒のように伸縮するアンテナもありました。こちらは本体に収納できないため、普段は縮めて曲げておくというのが定番です。全長1m近くの魔改造ロッドアンテナを製作する猛者も......ロッドアンテナで常時バリ3を実現!? ロッドアンテナと呼ばれる、いわゆる警棒のように伸縮するアンテナもありました。こちらは本体に収納できないため、普段は縮めて曲げておくというのが定番です。全長1m近くの魔改造ロッドアンテナを製作する猛者も......

★山下メロの【平成レトロ】博物館は毎週水曜日更新!★

山下メロ

山下メロやました・めろ

1981年生まれ、広島県出身、埼玉県加須市育ち。平成が終わる前に「平成レトロ」を提唱し、『マツコの知らない世界』ほかメディア出演多数。著書に『平成レトロの世界』『ファンシー絵みやげ大百科』がある。

山下メロの記事一覧