3月23日、91歳で死去した“シンガポール建国の父”リー・クアンユー氏。隣国マレーシアから追放同然のかたちで独立した小さな国が、やがて東南アジア随一の先進国となることをその当時、誰が想像しただろう。 ...