ポテンシャルを見極めるまでは、教育したほうがいい?

成人年齢を18歳に引き下げる民法改正案を政府が国会に提出した。

これに関し、『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が、前編に続き、これに伴う高校までの無償化問題で教育は18歳まで必要か?を議論する。

* * *

ホリ んー、でも今はスマホとかはみんな持っているわけだから、優秀な子は勝手に自主学習すると思うよ。学校に行かなくてもネット上に教材となるコンテンツは山のようにあるわけで。スマホとネットがあれば、いくらでも“勉強”できるわけじゃん。

ひろ 「優秀な子は放っておいていい」というのは同意です。ぶっちゃけ、自分の力だけで東京大学に合格できるような子なら、そもそも東大に行かなくても十分やっていけるでしょうし。

でも、優秀かどうかわからない子が、とりあえず勉強するなかで興味が生まれたり、才能が発見されたりってのもあると思うんですよ。なので、教育って優秀だと思われていない子のためのものだと思います。

ホリ 今なら、そういう子でもスマホを与えて放置しておけば大丈夫だと思うけどね。

ひろ 自発的にモチベーションを維持できるのって、そもそも優秀な子だと思うんですよ。多くの子はスマホを与えてもYouTubeを見たり、ソシャゲをやったりするだけかと。

ホリ でも、受動的な人を教育で変えるのって効率が悪くない? 自発的な人にリソースを集中投下したほうが社会全体としては効率がいいでしょ。

ひろ 教育を受けることで、自発的タイプに変わる子の割合が結構高いと思うんですよ。

ホリ てか、時代が違うんだよ。これまでは「時間と人手を確保しなければならない時代」だったよね。「人手が確実に必要だった1次産業中心の時代」から「機械化は進んだものの人の手を使ったりする高度な作業がやはり必要だった2次産業勃興の時代」になって「技術的には可能だが人間のほうが費用が安かった3次産業勃興の時代」。

ひろ 確かに時代は変わっていますね。

アホに金をかけてもしょうがない

ホリ でも、今はAIやロボットが代替できるようになっているから、無理して人間を教育する必要がない。10代前半で人間としてはある程度完成していると思うし、今はスマホがあればやりたいことはたいていできる。そういった状況で、高校生とか社会人とかいう区別はすでにナンセンスだと思うな。

ひろ アホに金をかけてもしょうがないというのは完全に同意ですが、小中学校のときだけ成績が良かったみたいな、早熟なだけで大人になったら普通の人もいれば、晩成型もいますよ。

ホリ 早熟かどうかではなく、年齢にかかわらず、その時点で能力があるかどうかを判断すりゃいいと思うけど。

ひろ 晩成型の子は、長時間の教育を受けた結果、伸びることもありますよ。僕的にはポテンシャルを完全に見極める方法ができるまでは、一定の年齢まではリターンがなくても教育したほうがいいと思うんですけどねぇ…。

ホリ う~ん、そうかなあ。

(構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル)

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)1972年10月29日生まれ、福岡県出身。旧ライブドア社長。SNS株式会社オーナー兼従業員。『やっぱりヘンだよね』(集英社)が好評発売中

●西村博之(にしむら・ひろゆき)1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著は『無敵の思考―誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21』(大和書房)