"ホリエモン"こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏による『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」。今回は、昨年12月に発表され、不評を買っている山手線の新駅名について議論する。

* * *

ホリ 2020年に開業が予定されている山手線の新駅名が、「高輪ゲートウェイ」に決まったね。で、発表と同時に文句を言われまくっている(笑)。

ひろ まず、長くて言いづらいですよね。それに既存のJRの路線図に8文字の駅名入れる隙間をつくるのは大変だと思います。

ホリ 山手線だと、長くても4文字だもんね。「高田馬場」とか「西日暮里」とか。

ひろ あとは単純にややこしい。隣の品川駅には高輪口があるので、英語のガイドブックとかには「品川駅の高輪口と高輪ゲートウェイは違います」みたいな注意書きを載せるようになると思います。

ホリ 「ゲートウェイ」って出入り口とか玄関口という意味だから、外国人泣かせだよな。周りには「高輪台」や「白金高輪」なんかもあるし、「高輪の出入り口・玄関口」と勘違いするかもしれない。

ひろ 「江戸の玄関口」という意味でゲートウェイにしたらしいですけど、普通、駅名にそんなややこしい単語をつけようとは思いつきませんよ。そもそも、品川駅は京浜急行で羽田空港につながってますし、浜松町駅も東京モノレールで羽田空港につながっている。だから、どちらもゲートウェイ(玄関口)なんですよね。

ホリ そうだね(笑)。

ひろ とはいえ、本来だったら「JRが決めるものだし、センスないよね......」で終わっていたと思うんです。ここまで猛反発があったのは、公募したからですよね。ほかの選択肢を見せちゃうから、そちらがいいってなるわけです。

ホリ ちなみに、公募の結果は1位「高輪」、2位「芝浦」、3位「芝浜」だったらしいね。んで、高輪ゲートウェイは、130位だったと......。130位の駅名にするくらいなら、なんで公募したのか意味不明。「天王洲アイル」みたいな横文字が入ると、カッコいい的なノリを感じるよね。

ひろ でしょうね。ちなみに、天王洲アイルもなんで「アイル」なのか、全然わからないんですよ。英語で「島」という意味らしいですけど、口語では使いませんからね。

ホリ そこはノリだろうね(笑)。

ひろ 横文字がカッコいいとか、完全に昭和のセンスですよ。昭和時代にはやったTシャツとかトレーナーって、意味のわからない横文字が書いてあったりしたじゃないですか。あれと同じにおいを感じます。

ホリ 平成ももう終わるっていうのに、昭和のセンスの駅名にされてもねぇ(笑)。最初から高輪ゲートウェイにしたければ、公募なんかせずにいきなり発表しちゃえばよかったんだよな。

ひろ ですよね。公募しなければ、ここまで話題になったり、反発されてない気もするので。

★後編⇒ホリエモン×ひろゆきが考える、JR東日本が「ゲートウェイ」という駅名にこだわった理由

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年10月29日生まれ、福岡県出身。SNS株式会社オーナー兼従業員。西野亮廣氏との共著『バカとつき合うな』(徳間書店)が発売中

●西村博之(にしむら・ひろゆき)
1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著に『論破力』(朝日新書)

★「ホリエモン×ひろゆき 帰ってきた!なんかヘンだよね…」は土曜・日曜日更新!★

horiemonhiroyuki_605_90.jpg