本気で巻き返しを図る高橋由伸監督(右)が今季にかける熱い思いを江夏豊氏に語る!

2017年は読売ジャイアンツにとって試練の一年だった。球団史上ワーストとなる13連敗を喫し、2006年以来11年ぶりにBクラスへ転落。CS(クライマックスシリーズ)の連続出場も10年で途切れた。就任2年目の指揮官は「今までにない苦しさを経験した」という。

だが、明るい兆しもある。20代の選手たちが主力としてチームを引っ張り、若手も台頭。今オフには期待の新戦力も獲得した。

“常勝軍団”復活を目指し、本気で巻き返しを図る高橋由伸監督が、前編に続き、今季にかける熱い思いを『週刊プレイボーイ』本誌で「江夏 豊のアウトロー野球論」を連載中の伝説の名投手・江夏豊氏に語る。

* * *

江夏 ほかに打線で気になるのは、阿部(慎之助)君の打順だよ。今年は何番を打たせようと思っている?

高橋 5番、6番ですね。

江夏 阿部君が6番を打つ打線だったらいいと思う。相手もいやだろうし、彼自身にとってもいい結果につながるんじゃないかな。

高橋 そうですね。彼の負担も減らせると思います。

江夏 阿部君はどこを守る?

高橋 ファーストですね。

江夏 そうか。少し気になるのは、阿部君が守っていたキャッチャーだよ。周りからいちばん注目されているポジションだけど、今年も小林君でいくつもり?

高橋 基本は小林だと思っています。昨年は宇佐見(真吾)がバッティングで少し結果を残してくれたので、開幕まで悩むかもしれませんが、それでも守りは小林のほうが勝っています。もちろん打力には問題があるんですけども。

江夏 珍しいぐらい、打てなさすぎだもんな(笑)。

高橋 そうですね……。

江夏 毎日バットを振ってるんだから、もう少し打てるんじゃないかと思うけど……。

高橋 今年も打撃があまりにも悪ければ少し考えるかもしれません。ただ、宇佐見もどれくらい守りが上達するか未知数ですからね。

江夏 宇佐見君のキャッチャーとしての能力はどうなの?

高橋 まだまだ1軍での試合経験が不足しています。それからケガも多くて一年間フルに戦ったことがないので、そういうところも克服してくれないと、小林には勝てないと思います。

江夏 今年はドラフトでキャッチャーの新人がふたり入ったけど、どう?

高橋 岸田(行倫[ゆきのり])、大城(卓三[たくみ])のふたりとも、守備も打力も社会人の中ではよかったほうだと聞いています。期待したいですね。

江夏 どちらかひとりでも、今年から1軍に登録されるぐらいの力を出してくれれば、チームとしては万々歳だよね。

“天敵”との差を埋める意識改革

■“天敵”との差を埋める意識改革

江夏 あらためて昨年の話だけど、CS出場を逃した要因のひとつとして、カープに勝てなかったことが挙げられると思う。特に前半戦は3勝11敗だった。

高橋 一方的にやられる試合が多くなってしまいました。

江夏 原因はいろいろあると思う。自分が見ていて、カープとの差をいちばん感じたのは機動力なんだよ。

高橋 はい。私もそこが大きな差だったと思います。

江夏 ならば、今年はジャイアンツも足を使った攻撃をしてほしいと思う。ただ、「足」というのは決して盗塁の数じゃないからね。

高橋 ひとつでも前の塁に進む、という意味での走塁ですね。

江夏 そうそう。ベンチはそれを望んでいるわけでしょ?

高橋 望んでいます。指導者として、もっと強くその意識を持たせなきゃいけないと思っています。

江夏 意識の問題は大きいよ。自分から言わせてもらうと、ここ数年のジャイアンツは全力疾走できない人が多すぎた。声を出すのと同じように、当たり前のことができていなかったね。

高橋 はい。そこは選手だけのせいではないと思います。われわれの指導力不足で……。

江夏 あなたも現役時代は走れる選手だっただけに、ベンチから見ていて悔しかっただろうな。

高橋 全力で走るのは、気持ちの問題ですから。足の速い遅いは関係ありません。そこは担当コーチも口を酸っぱくして言ってくれていたんですけど、やはり徹底できなかったのは監督である私の責任だと思っています。

江夏 大変きつい言葉かもわからないけれど、今のジャイアンツは、自分がやっていた時代と比べてみると、キャンプの雰囲気からしてまるで変わってしまったと思う。

高橋 そうですね。雰囲気を変えていくのもわれわれの仕事です。やはり少し前までのジャイアンツはひとりひとり、本当に力のある選手が集まっていて強いチームだったと思うんです。

江夏 そういうチームじゃなくなってしまったからこそ、悪夢の13連敗も起きてしまったと思う。その悔しさは普通では味わえんもんな。

高橋 決してのんきに考えていたわけではないんですけども、あのときは正直、まさかそんなに負けると思っていませんでした。実際、勝てそうな試合が何試合かあって、その試合を落とした時点で少しずついやな雰囲気になってしまって。そこではね返す力がチームになかったんです。

江夏 あの13連敗が、昨年のセ・リーグのペナントレースを大きく歪ませたと思う。そういう面ではもう二度とあのような連敗はしてもらいたくない。連敗は仕方がない部分もあると思うけど、ずっと勝てないというのはな。

高橋 ほぼ2週間でした……。

江夏 胃が痛くなるよな、2週間も勝てなかったら。

高橋 今までにない苦しさを経験しました。

江夏 いやな経験だったと思うけど、それを糧(かて)にして戦わなきゃいけないんだから。監督になって3年目。タイガースの金本(知憲)監督と一緒だよ。やっぱり、東のジャイアンツ、西のタイガースが熱くならないと球界全体が盛り上がらないからな。

高橋 はい。

江夏 じっくり見させてもらうよ。今日はありがとうな。

取材終了後、愛犬(パグ)の写真を見せる江夏氏。高橋監督も無類のパグ好きということで、おふたりとも大盛り上がり。「いぬ年」にふさわしい対談になった

(構成/高橋安幸 撮影/五十嵐和博)

●江夏豊(えなつ・ゆたか)1948年生まれ、兵庫県出身。阪神、南海、広島、日本ハム、西武などで活躍し、年間401奪三振、オールスター9連続奪三振などのプロ野球記録を持つ、伝説の名投手。通算成績は206勝158敗193セーブ

●高橋由伸(たかはし・よしのぶ)1975年生まれ、千葉県出身。桐蔭学園では甲子園に2度出場。高校通算30本塁打を放ち、慶應義塾大学へ進学。1年生からレギュラーの座を獲得。大学通算23本塁打は六大学野球の最多本塁打記録。1997年、ドラフト1位で巨人に入団。以来18年間、チームの中軸を担う。2015年オフ、球団から監督要請を受けて引退。2016年から、第18代巨人軍監督としてチームを率いる。就任1年目は71勝69敗3分けでリーグ2位。2年目の昨季は72勝68敗3分けでリーグ4位